なんとなくサンネット日記(個人ブログ) としおのつぶやき

2021年5月5日

分裂から3年過ぎて

Filed under: 未分類 — toshio @ 5:24 PM

やはり、発言しておかなければならないことは、発言しておこうと思います。全国「精神病」者集団(以下:「病」者集団)の分裂のことです。

   こんにちは

「病」者集団が分裂したのは、2018年3月から5月にかけてです。もう、3年たったことになります。このことについて、このブログで何度か述べたのですが、事情があって1年ほど前にそれらの記事を削除しました。


その後も、この問題については考えてきましたが、なぜか、関係者からの意見表明があまりにも少ないと感じていました。どのような組織も、年を経るごとのメンバーの変遷、外部事情の変化は避けられず、活動の状況が大きく変わり、組織の危機をむかえるといった事態は、ままあることです。危機になるとそれまで見えなかった「本音」が良くも悪くも表面化するものですが、「ホンネとタテマエはよくあること」とそのままにしておくのではなく、言葉を尽くし、考え、整理しなければなりません。


「病」者集団は任意団体ですが、精神医療の歴史のなかでは公的な面があります。この分裂に至る経過とその後の経緯も、未来からの問いかけに耐えられなければなりません。そして周囲にいる精神医療にかかわる者たちもここから学ぶべきことは学ばなければならないのです。

2018年3月

分裂の直接的な経過は次のようなことです。
2018年3月当時、「病」者集団は何年かにわたってグループ内に混乱がありました。
打開をめざし、「病」者集団の中心的なメンバーと第三者(コーデイネーター)が参加し、話し合いがもたれました。


一方の当事者である山本眞理さんは1980年代から長年活動し、名簿管理・会計管理をしていました。しかし、最近の活動実務は関口明彦さん、桐原尚之さん、山田悠平さんに移っていって、前者と後者との間には何年も前から埋めがたい溝が生じていました。


打開案について、山本眞理さんたちと、関口明彦さんたちは確認書を取り交わし、署名捺印しました。打開案のなかには数点にわたる手順と方法が書かれていましたが、その一つに、互いに「2018年5月1日以降、全国『精神病』者集団の名称を自己の集団を称する名称として用いない」という事項がありました。このことは、二つのグループはこれから活動を別にし、「病」者集団という名称を消滅させる、そのことに合意するということでした。つまり、「本家争いはしない」という前向きな「大人の決断」だったのです。(https://acppd.org/jngmdp-backup/news/4925.html)

しかし、関口さんたちは依然として「病」者集団を名のっています。そこはそれなりの関口さんたちの論理があるのですが、それでは、署名捺印する、その場面での関口さんたちの「合意」とは何だったのか。大きな疑問があります。

山本眞理さんは、2018年3月の確認のすぐあと4月に、新組織として「精神障害者権利主張センター・絆」という名称を用いています。私は、「絆派」という言い方をします。


一方、関口さんたちが「病」者集団を名のる根拠の一つは、関口さんたちは運営委員であるということです。運営委員会=執行部であり、山本眞理さんは会員であるかもしれないが組織的には何の役もなく、「病」者集団の組織運営にはかかわっていないと主張しています。それで、私は「運営委員会派」と呼びます。

名称問題

2018年3月の合意点のひとつに、「病」者集団を互いに「名称として用いない」ということがあったのですから、これは当然、歴史にピリオドを打ち、新しい道を互いに歩みましょうということが話し合いの前提にあったということです。


話し合いのテーブルに、「絆派」となる山本眞理さんは「病」者集団の名簿と会計と歴史を差し出し、「運営委員会派」の関口さんたちは現在の活動の力を差し出したということでしょう。その場では、互いは、「病」者集団という一つの組織の二つの面であり、組織に影響力を持つ実力者として認め合い、テーブルの上の歴史的財産を二分して、別々の歩みを始めようとしたのだ思うのです。


この問題についてよく知らない人は、なぜ、執行部でない山本さんが名簿や会計を一手に扱っていたのかと思うでしょう。逆に言えば、執行部であると主張している運営委員たちは、なぜ名簿や会計を管理しないで、なぜ執行部として成り立っていたのか、ということです。


「病」者集団は、1974年に設立され、全国の地域患者会、病院患者会の連合会という組織体をめざしました。そして、会則や代表はおかず、政治的には急進的であるけど、大野萌子さん(1936-2013)というカリスマ的人物を中心に、全国規模のネットワークとしてあり続けたのです。

大野さんから組織運営をバトンタッチした山本眞理さんは、会員に呼びかけて2006年頃に「運営委員会」を設置しました。これには、政治的な背景がありました。

 日本の障害者の団体連合(JDF)が国際的な連合組織に加盟しようとなるのですが、精神障害者の全国組織を欠いたままでは、国際的連合体への加盟条件を満たせないという事情をかかえていました。「病」者集団は、上部・下部構造のないネットワーク組織でしたが、すでに精神医療ユーザーの国際的組織に加盟していましたので、JDFからJDFへの加盟を呼びかけられたのでしょう。

 そこで、「病」者集団は「運営委員会」を設置し、「普通の」団体のような❝意思決定機関❞をもつ組織になってJDFに参加し、JDFは国際的な連合組織に加盟しました。

 このような経過で山本さんと「運営委員会派」の二重構造が生まれました。 しかし、運営委員の当初の活動状況は、会員を代表し統括する「執行機関」というより、不定形な会員ネットワークを形にしていく「ポスト会員」といった感じだったように、遠目から私は思っていました。不定形な会員の下からの「意思」を形にしていく役割なのか、役員の「意思」を活動に展開するよう執行する役割なのか、どちらともいえる役割が、今回の分裂の遠因だったのでしょう。

 いろいろな力関係と状況によって、組織は次第に変化してきたのでしょうが、山本眞理さんは「「病」者集団はネットワークである」とずっと言ってきたと思います。

 2018年3月、この話し合いのテーブルで話し合われた、名簿、会計、名称は、いずれも組織の財産です。選挙の場面でよく言われるのですが「選挙に必要なもの、地盤(支援者=名簿)、看板(知名度=名称)、カバン(選挙資金=会計)」。この三つは、社会活動するときにも必要な財産です。

なぜ、「運営委員会派」は名称を使い続けられるのか

 「2018年5月1日以降、全国『精神病』者集団の名称を自己の集団を称する名称として用いない」と合意したのに、なぜ、名称を使い続けるのか、次のような理由があると「運営委員会派」は主張します。(https://acppd.org/a/2417)


① 話し合いに参加した運営委員3人は、「病」者集団の組織代表として参加したわけではなかった。したがって、「病」者集団が名称を変更するよう「事務的に遂行する」義務を負っただけである。


② 合意をした翌月、「絆派」は自分のニュースで「病」者集団は分裂したなどと分裂に誘導する宣伝をしたのは、合意項目の名の一つである「合意内容以外を公表しない」という点に違反している。(「病」者集団として分裂に合意しているわけではないから。)


③ 2018年5月末に「病」者集団は総会を開いたが、その総会で名称変更案は否決された。したがって「病」者集団としてはそのまま名称を使用することになった。

この態度は注目に値すると思うのです。私は「絆派」を擁護するなどという立場ではありませんが、これは通常の社会生活で経験することとは異次元の態度です。こういった主張がまかり通っていいとは私には思えません。

 もし、運営委員会派の人が組織を代表する人間としてではなく、話し合いのテーブルについていたのなら、そのような立場であることを事前に、相手方やその場をつくってくれた第三者にも話さすべきでしょう。周りは期待しているのですから。名称変更案を、総会にかけると、通らないかもしれないと話すべきです。あらかじめそのような場合も含めて、三者で対応策を立てておくべきです。その上で、総会で合意点を達成できないと思ったら、すべての合意を破棄すべきでしょう。会計も名簿も。そして、重要な提案が否決することは、提案者自身の目標や行動も否決するということですから、別の人物が新運営委員になるのが、よくある、通常の組織運営方法というものではないでしょうか。

 私たちは何かの危機に陥ったとき、その相手方と会い、打開策を見出そうとします。たいがいは、自分も損をする、相手も損をする、だけど公平に損をして、少しずつ得をとろうよと話すでしょう。人生のなかではよくあるトラブルを、どう解決するのか。そこには、解決をめざそうという互いの「共通基盤」があると信じ、その基盤の上に打開策をのせ、検討していくのです。


ところが合意したと思ったのち、相手方が、自分は約束を守りたかったけど、自分はもともと代表でもないし、身内が反対したら従わなければならないからね、といって約束のかなりの部分をもっていってしまったら、誰も騙されたと思うのではないでしょうか。「共通基盤」があると見せかけて、実はない、という態度と考え方。その延長の中で市民活動が展開されていく…それはとても気になるのです。

以前削除した記事の一つが(2018年6月3日)「ネット魚拓」として残っていました。
https://megalodon.jp/2018-0620-0159-15/www.npo-sannet.jp/blog/?p=3554

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「僕はどうすればいいんですか、具体的に?」

「まず第一に相手を助けたいと思うこと。そして自分も誰かに助けてもらわなくてはならないのだと思うこと。第二に正直になること。嘘をついたり、物事をとり繕ったり、都合のわるいことを胡麻化したりしないこと。それだけでいいのよ」

「努力します」と僕は言った。

ノルウェイの森・村上春樹

Powered by WordPress