なんとなくサンネット日記

2010年10月29日

人形探し

Filed under: つぶやき — toshio @ 6:21 PM
秋の日の公園

秋の日の公園

 「先生」のあとをついて私は歩いていました。ある実験室に入ります。中は、床も天井も壁も真っ白。四隅に同じ形の白い箱があるだけで。他には何もありません。長方形の部屋です。

 私は入ってきたのはどこだったか、ドアはまるで消えたように見当たりません。「先生」は、手に持っていたぬいぐるみの人形を、一つの箱に隠しました。

 そして「先生」は私に目隠しをし、私の体をグルグルまわしました。幾度か体を回して、目隠しをはずし、目を開けると、「先生」は「人形を探してください」といいました。

 確か、人形を隠したのは、私から見て長い壁の左側です。いま見ている前の方の壁か、それとも後ろの壁か、区別はつきません。「ええい!こっちかな」と選ぶと、たまたま正解。同じことを何度かやりましたが、正解は半々。

 長い壁の左側=短い壁の右側。また別の場合は、長い方の右=短い方の左。長い壁か短いか、右・左の区別がつけば、ランダムに探す場合より正解率は倍になるのでした。
 「この区別は、実は、ネズミも2歳の乳児もできるのです」と言った「先生」の言葉は、驚きでした。「では、次の実験室に行きましょう」と「先生」。

 今度の部屋は、前の部屋とほとんど同じですが、たったひとつ、短い壁の一つが黒くなっていることが違ってします。同じように目隠しをして人形を探しますが、今度は簡単です。「先生」は長い壁の左側の箱に隠したのですが、それは黒い壁に接したところでしたから、ぐるぐる回されても見渡せば、その箱の場所は特定できます。反対側の長い壁の左側は白い壁に接しているのですし…。

 今度は正解率100%です。「さっきの区別の仕方。それと今度の、黒い壁に接しているか、接していないかの区別を重ねれば、正解率は100%になります。これはネズミにも2歳の乳児にもできません。しかし、5歳くらいになるとできるのです」。「5歳とは」、私はややがっかりしました。

 「さて、大人のあなたにやっていただきたいのは、この部屋でもう一度同じことを、ヘッドホンをし、耳に流れてくる音声と同じ内容を声に出し、反復しながら、人形を探していただきたいのです」と「先生」。

 聞こえてくる音声は、小説や論文、ニュース原稿の断片です。新聞折込のチラシ原稿さえあります。「先生」が人形を隠す時も、目隠ししてグルグル回っている時も、目を開けて探そうとする時も、聞こえてくる脈絡ない音声に注意し、正確に繰り返しながら、さっきのように人形を探そうとしました。

 音を聞いていると、「ネズミ」の動きはできますが、黒い壁との関係を把握する「5歳児」の行動ができにくいことに気づきました。気が取られるというか、注意力を持続できないというか、つい間違えてしまいます。聞こえる音に集中すると、複数の手がかりを同時に扱うこと、物と物の関係を認識し、空間をとらえること、そういったことが途端にむずかしくなりました。正解率は落ちてしまい、50%に近かずきました。私は「ネズミ」レベルの行動しかできなかったのです――。
     (『ことばと思考』.岩波新書.2010年.今井むつみ.p162-165)
 
 自己中心な立場で空間把握をする能力から、一歩踏み出すこと。それは、思考する軸が自己から離れ、別の視点で空間関係をとらえようとする能力であろうが、そこには言葉を扱う能力も関係しているということだ。

 ネズミから5歳児に成長するには、言葉を扱い、自分以外の地点から空間関係を把握しなければならない。ひょっとすると、この能力の出現と並行して、他者に共感する能力も生まれるのかもしれない、と思う。なぜなら、言葉自身、他者という存在があってこそ存在するのだから、すでに言葉は共感を含んでいる。それに、自分の位置から離れて関係性を把握するという物理的な能力は、人間関係において他者の目から関係を把握しようとする「共感」と、よく似通っている。

 もうひとつ別のことも思いついた。ひどい幻聴を体験している人は、それまでとは違って、いろいろなことができなくなることがある。これは、音を反復すると識別できなくなるという実験と似ている。ヘッドホンの音声のごとく、絶え間ない幻聴が、空間の把握、時間感覚の保持、共感する力を押さえつけ、発揮できない状況に陥れているのかもしれない。

 すると、幻聴で苦しんでいる人がいて、周りで支援する人間は、その人を何もできない人、わからない人と見なしてはならないだろう。ヘッドホンをとれば、きちんと空間を把握できるようになる人なのだから。
 「空間がゆがんで見えても、上手に共感を表現できなくても、大丈夫!必要なことは応援するし、ゆっくり待っているよ…」と、呼びかけることが求められるのかもしれない。幻聴の隙間からあたたかなメッセージが届き、芽生える安心感によって、逆に幻聴が薄まっていくこともあるのではないか…。本を読みつつ、こんなことを漠然と考えていた。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress