なんとなくサンネット日記(個人ブログ) としおのつぶやき

2010年8月26日

スモールワールド・ネットワーク

Filed under: つぶやき — toshio @ 12:22 PM
雨上がり

雨上がり

人間がつくるネットワークにはいろいろなかたちがあるが、スモールワールド・ネットワークはその一つだ。

 特徴は二つある。一つは、ネットワーク内のめざす相手に、少人数を経由しただけで到達できること。

 ネットワーク内のメンバーは、大きな苦労をすることなく、望むことを望む人に伝えることができる。

 二つ目は、ある友人の大半はたがいに友人であるという関係である。つまり、ミニ独裁者が支配するネットワークでも、官僚的なネットワークでもない。

 雰囲気のいいクラブ的な、活気のある研究開発グループのようなネットワークである。

 「スモール」というのは、この特徴を維持するには、おおよそ150人以下の規模にしなければならないことをさしている。スモールでなければならないのだ。しかし、このネットワークは、「新しいメンバーの多様性と古い関係の安定性をむすびつける最善のバランス」もち、活発な創作能力を発揮するという。

 情報化社会、国際化、個性化などといいわれる現代だが、だからこそ、このスモールワールド・ネットワークの考えには大きな可能性がある。

 このようなネットワーク、共同体、人の関係をイメージすることなく、情報化…などを語ることは誤った脇道に入り、「情報」の森にさ迷うことになるのではないだろうか。 (『つながり 社会的ネットワークの驚くべき力』ニコラス・A・クリスタキ、ジェイムズ・H・ファウラー、2009、講談社、鬼沢忍訳、2010年邦訳、P210など)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress