なんとなくサンネット日記

2010年7月4日

メッセージ06年

Filed under: つぶやき — toshio @ 7:23 PM
梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間

ワーカーズコレクティブハウス「ひいらぎ」のメッセージ(案)

私たちは06年、いっしょに暮らしはじめました。 

ワーカーズコレクティブハウス(Workers Collective House)とは「働く仲間・共同体」という意味です。

お金を稼ぐ労働ばかりでなく、仕事はたくさんあります。

ここには「生活と人生をワーク(仕事)するその仲間」という意味をこめました。

「仲間」とは誰もが主人公ということ。

誰もが助け、助けられ、強い者と弱い者は区別されません。

誰もが弱く、そして強いという事実を認め、対等に、苦楽を分かち合う仲間としてありたい。私たちは、そう願いました。

 

鎧を着て、身構え、敵と闘い続ける生き方をやめたいと思いました。

あきらめて、投げやりに、人を恨む暮らし方を変えたいと望みました。

一人ぼっちでブルブル震え、縮こもる日々から逃れたいと決めました。

私たちは今までとは違う生き方や暮らし方を決心しました。

 

「ひいらぎ」の約束事。

一人一人は完全に独立した個人です。

誰かを支配したり、されたりするゲームから、私たちは自由になります。

人を軽視し、一人前の人間として扱わない態度を拒否します

露骨なあるいは微妙な介入と支配を拒みます。

他の人から世話されることを期待しているわけではありません。

自分の生活は自分で責任をもちます。

非難、皮肉、揶揄、意味ありげな言い回し、決めつけ…こういったことから遠く立ち去ることにしました。

 

自分たちの気持ちを自由に話すことを尊重し、促しあいます。

希望、願い、自分に対する自信、連帯し広がるこころ…を大切にします。

悲しみ、悩み、憤り、悔しさを分かち合います。

たがいの価値観を認めて、その人らしい考え方やスタイルを尊重します。

憎しみ、わだかまり、従属や支配への憧れと恐れ…これらを後ろに置いて、前に歩もうと決めました。

 

自分の問題や課題を自分だけで解決しません。

それは、仲間との結びつきによって解決するからです。

自分自身の問題を考えます。感じます。体験します。

自分の問題を仲間に話します。仲間の問題も聞き、肌で感じます。

何をするかではなく、どのように分かち合うかのなかにこそ「仲間」の命が宿るのです。

 

私たちは家族であり、家族でなく、それ以上の「仲間」。

私たちが作り上げていく関係が、やがてはこの世界全体とつながっていることを実感し、かけがえのない世界であることを理解するかもしれません。

「仲間」は、私たちを創り出してくれた世界の一部なのですから。私たちはこのような思いをこめて歩んでいます。

(4年前の6月29日、グループホームをめざしてこのようなメッセージを自分と仲間に伝えました。(案)ということで草案を書いたままです。はじめてみると、思いのようにはうまくいかず、悩みと苦労を重ねました。いまも案のままですが、やはり気持は同じです。)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress