なんとなくサンネット日記(個人ブログ) としおのつぶやき

2015年3月31日

尽くす「つくし世代」

Filed under: つぶやき — toshio @ 12:19 PM
咲いた咲いたバッケが咲いた

咲いた咲いたバッケが咲いた

いつの時代だって、人間の意識は変化し続けたのだから、いつの時代の年寄りも「最近の若者は!」と嘆いたに違いない。だから、実は、若者に理解あるように振舞う年寄りのほうが、怪しいのかもしれない。

とは言うものの、情報と金をめぐる変化は加速度的に早まっている現在。かつての時代のように嘆いていても、嘆きが追いつかなくなってしまった。どうしようと思う。

1980年生まれの藤本耕平氏が、『つくし世代--「新しい若者」の価値観を読む』(2015年、光文社新書)を書いた。著者は、広告会社のアサツーディ・ケィに勤める、若者対象のマーケッターだ。今年35歳の著者が、30歳以下の「若者」の、社会や環境の変化によって生み出されている意識や傾向について論じる。若者への共感をもちながら、彼らの動向にむかって市場をどのように展開できるかと考える彼の筆に嘆きはない。

 

――今時の若者たちは欲がない、消費をしない、とよく言われますが、彼らにとって、それは必ずしもネガティブなことではありません。もっとポジティブに「いかにお金を使わないか」を楽しんでいるところもあります…仲間たちとのつながりを大切にし、「みんなで楽しみたい」「みんなで喜んでもらいたい」ということに対しては、上の世代と比べても貪欲であるように思います。

そのためなら(デフレ世代で効率を重視する彼らが)、時間も手間も惜しまず、時にはポンとお金も使う。

そういうことを、道徳観や社会性などに基づいてではなく、「その方が自分もハッピーだから」「喜んでもらえると嬉しいから」というシンプルな動機に基づいて行おうとする、仲間たちの喜びのために奉仕し、尽くそうとすることが、より日常的な行動原理、消費の原理にもなったいる若者たち。

それが私が考える「つくし世代」です--(p33‐34)

若者の意識

若者の意識

この本を読んで学ぶべきことがたくさんあった。特に、若者の中に芽生えている新しい傾向を見ようとする彼の姿勢は、しっかり受けとめたいものだ。

マーケティングに携わっている彼は、著書の中でいくつもの資料を提示するのだが、左の表に現れた若者の意識には驚く(p51)。

今年成人になった若者の92.2%は「自分は人からペースを崩されたくないタイプ」と思っていて、かつ85.5%は「人に気を遣うタイプ」と思っている。独立していたいという気持ちと、人と仲良くしたいという気持ちがミックスした若者がほとんどということになる。

人間関係への両義的な態度のように見えるが、具体的なだれだれとの関係ということではなく人間関係そのものに緊張感をもっているということなのだろう。

いじめを受けたことがある人が55.3%、自殺を考えたことがある人が41.5%というのはその根拠かもしれない。

関係に緊張しながら、しかし自分の周りにハッピーな関係を作りたいと願う「つくし世代」。ぼくには“連帯”を求めているように思える。しかし、それは上からの、囲い込むような連帯では決してなく、下からあるいは横並びで、ハッピーになるための「連帯」にちがいない。

これは年寄りたちもいっしょに考えなければならない課題だと思う。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress