なんとなくサンネット日記

2012年4月28日

フィルターバブル

Filed under: つぶやき — toshio @ 3:18 PM
青森にも花の季節が

青森にも花の季節が

 インターネットで検索していて何かが違ってきている、そんなふうに思うようになったのはこの1年くらいだろうか。単純な機械的結果ではなくて、作為めいたものを感じるようになっていた。

『閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義』(イーライ・パリサー、2011年、訳2012年、井口耕二、早川書房) 

 原題は、THE FILTER BUBBLE:What the Internet is hiding from you。訳は「フィルターバブル、インターネットがあなたから隠しているもの」。 

 この本は、インターネットで生じているが、人知れず進行しているある種の変化について書かれている。著者は1980年生まれ。在野の若い人だが、ずいぶん深く探求している。訳者が本の意図をわかりやすくまとめている。

 ――インターネットにおける検索の結果や各種サイトで提示されるニュースなどは、ユーザー個人の嗜好や興味関心とは関係ないと考えるのが普通だろう…辞書を引いたり新聞を読んだりするのと同じであり、同じ結果が得られるはずだと。これはインターネットを創った人びとが夢見ていたウェブのイメージでもある。

 ところが最近のインターネットは、いつのまにか、自分が興味をもっていることや自分の意見を補強する情報ばかりが見えるようになりつつあるらしい…(インターネットの)情報と我々とのあいだにフィルターが置かれ、そのフィルターを通過できる一部の情報だけが我々に届く状態になってきているのだ。つまり、いま、我々が見るインターネットは一人ひとり違っていることになる。

 本書の著者は、これを「フィルターバブルに包まれている」と表現する。一人ひとりがフィルターでできた泡(バブル)に包まれ、インターネットのあちこちに浮かんでいるイメージだ。フィルターバブルの登場でインターネットの体験は大きく変化した。まず、自分の興味関心に関連のある情報が得やすくなったことが挙げられる。

 「おお、それはいい」と思った人はちょっと待ってほしい。うまい話には落とし穴があるというのが世の中の常識である。フィルターバブルも例外ではない――(p297-298)

  こう述べ、この「落とし穴」について書かれたのが、この本である。フィルターバブルをつくるのはグーグルなどの企業。追跡用のクッキーやビーコンがコンピュータにインストールされ、企業はユーザーのIPアドレスごとに(情報端末の)検索履歴を蓄積する。膨大な情報を処理しつつ、情報間のつながりを見いだすプログラムが作動する。しかし、蓄積した情報も、情報を縦横無尽に操作するプログラムも、アウトプットされるフィルターバブルも企業秘密。

 われわれが見ているディスプレイの向こう側に、きれいにまるめられて、見えないところに仕舞われているのだ。

 フィルターバブルにいる個々人は、自分の興味関心に包まれる。それは確かに便利だが、それ以外のものに関心をもたなくなる。つまり、気の利いたたくさんの召使に囲まれた王様のように、わがままに満足して、自己充足するのだ。

 フィルターバブルは、パーソナライズ(サービスの個別化)の結果である。個別化に向かう理由、それはそこには市場(利益)が生まれるからだ。より気の利いた召使や取り巻きは王様に愛されるし、ときにはラスプーチンのように王を操るかもしれない。パーソナライズされた情報は、パーソナライズされた宣伝とセットになって、ユーザーの目の前で展開される。

 だから、自己充足とパーソナライズされたフィルターバブルは、個々人から政治的な意識と能力(主体性)を奪い、奪った政治的な力を企業側が行使するようになるかもしれない。怖いことだ。

 しかし、インターネットは企業と自己充足した個人だけで成り立っているのではない。別のことを考え、活動する人間もいる。

 地域の人々が実際に顔を合わせて、集まることを支援するウェブサイト・ミートアップ(Meetup.com)を創設したハイファーマンは、かつて広告会社につとめていた。彼はインターネットの宣伝も含め、人々をバラバラにする市場主義に批判の目をむける。

 ――「自分の才能をなにに注ぐべきなのか、自問せずに過ごす人が多いことを広告業界では学びました。人生はゲームのようなもので、皆、ゲームに勝ちたいと思っているわけです。では、どういうゲームをしているのでしょうか。アプリのダウンロードを増やすというゲームをしているなら…これ以上、モノはいりませんよ。魔法のような魅力ならiPadよりも人の方が強いのです。人々との関係は媒体ではありません。友情も媒体ではありません。愛情も媒体ではありません」。――(P229)

  彼は、個々人の力を結集して「便利な」フィルターバブルを変えようとするなら、“人との関係・友情・愛情”への関心をもっと強まらなければならないといっている。

 しかし、企業もまた変わらなければならない。そもそもフィルターバブルをつくっているのが企業だからだ。著者のパリサーはこう企業に注文する。

 ――市民が十分な情報をもって活発に活動できるようにすること、自分たちの生活だけでなく、コミュニティや社会をうまく動かせるようなツールを人々の手に渡すことは、エンジニアリング的な観点からとても重要で魅力的な課題だと思う…そのためには、グーグルの有名なスローガン、「邪悪になるな」の先をゆくプログラマーが必要だ。善を為すエンジニアが必要なのだ。――(230)

 情報操作。他者支配。強欲と冷淡。無関心と自己撞着。このような個人と企業を変えなければならない。彼は、関係と愛を軸に人と企業が変わることで世界も変わる、といっている。

 このような共同戦線がととのうまでは、フィルターバブルによって人も企業も知らず知らずのうちに影響され続ける。だから、この本は、現在進行しているネット世界の大きな曲がり角を示し、やがては多くの人が「あのときに世界は変容した」と思う目印になる道標だと思う。

 かつて、インターネットは情報の大陸であった。19世紀のアメリカ西部開拓のように幌馬車で「自由な」新天地を求めた。ところがいまや、釈迦の手のひらを飛んでいた孫悟空に成り下がった。しかもその「お釈迦様」がプログラムと市場でつくられているというのだから、がっかりする。

 インターネットを再生するために、人としての関係と愛を再生するところから始まる、それは逆説めいて面白い。しかし、だからこそインターネット上の人間のよき未来が、これから生まれるのかもしれない…。だって、もうずいんぶんネットで時間をついやしたのだから。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress