なんとなくサンネット日記

2011年9月30日

排他するアイデンティティ

Filed under: つぶやき — toshio @ 3:50 PM
たたずむカモメ

たたずむカモメ

■当事者研究の二重性

 社会学者の大澤真幸は、対談『痛みの記憶/記憶の痛み』(現代思想、2011年8月号)で、当事者研究のことについてふれた。

 「『当事者研究』という考え方は、とても面白いと思います…当事者なのに、研究者のようでもある、という二重性が、です」。当事者研究は、専門的な知識の構築とは異なるベクトルをもつ。そして、当事者だけが当事者の世界を理解しているのだ、というスタンスに寄り添うものでもない。

 研究者と当事者を往復する二重の立場だからこそ、当事者研究は「信じるという契機(が引き出されたし)…(また)どうやって引き出すか(に賭けた)工夫」でもあった、という。ここから大澤の議論は、信じることに焦点化していくのだが、彼の視点には複数のアイデンティティ(当事者/研究者)というアイディアもひそんでいるように思う。

 なぜ、単一のアイデンティティでは生じないものが、二重のアイデンティティのもとでは生まれるのだろうか。そして、単一のアイデンティティに信じるという契機がないのはなぜだろう。(たとえば「私は研究者だ。それ以外の何者でもない」などという人がいれば、その人は一途に信じていて、強いアイデンティティをもっているではないかと思うのだが、実は、それはその人が主体的に信じているのではなく、外側から与えられたものを信じているだけで、非主体的だと大澤は考えているらしいのだ)

■アイデンティティに内在する暴力

 アマルティア・センはアイデンティティの複数性という考え方について提唱している。

 ――私は1940年代の分離政策と結びついたヒンドゥー・ムスリム間の暴動を経験した子供ころの記憶から、1月にはごく普通の人間だった人びとが、7月には情け容赦ないヒンドゥー教徒と好戦的なムスリム教徒に変貌していった変わり身の早さが忘れられない。…暴力は、テロの達人が掲げる好戦的な単一基準アイデンティティを、だまされやすい人びとに押しつけることによって助長される――(『アイデンティティと暴力』、アマルティア・セン、2006、邦訳東郷えりか、勁草書房、2011、P17)

 センは1933年インド・ベンガル地方で出生。経済学・哲学とを接合する独特のアプローチを構築し、アジア人で初めてノーベル経済学賞を受賞した。ハーヴァード大学の教授だ。

 彼は、この本で9・11以来よく言われるようになった「文明の衝突」論を批判している。「目には目を」がムスリムの教えなんだ、などという単眼的なレッテルづけは対立図式をあおるだけである。

 その一方、「ムスリムは決して好戦的な宗教ではなく、平和的で豊かな歴史をもっている」といったムスリム弁護も、外側を置き換えただけで、「単一のムスリム」という中身は変わっていないと彼は批判する。問題はアイデンティティがもつ排他性なのだ、と指摘しているのだ。

 センの言い方に従えば、何かの集団にアイデンティティをもつということは、その集団に忠誠を誓うことである。忠誠を誓ったとたん、その集団ではない別の集団を排他しようとする力学が生まれる。この両義性が問題なのだろう。

 人間社会は、「国籍・居住地・出身地・性別・階級・政治信条・職業・雇用状況・食習慣・好きなスポーツ・好きな音楽・社会活動を通じて、われわれは多様な集団に属している。こうした集合体のすべてに人は同時に所属しており、それぞれが特定のアイデンティティをその人に付与している。どの集団を取りあげても、その人の唯一のアイデンティティ、また唯一の帰属集団として扱うことはできない(P20)」。

 この多様性に目を向ければ、別の集団を排他しようとする「境」ははっきりしなくなる。

 連帯や忠誠心をともなって「私は〇〇である」と宣言するとき、そこは問題がない。しかし、宣言した場所の脇に目を向け、次のステップに踏み込んで、「われわれは△△ではない」、あるいは「△△は◇◇すべきだ」と言い始めたとき、あっという間に排他性や攻撃性が入り込んでくるのだろう。ここは実に微妙だ。

 多様性を基礎に、信じることの主体性を立ち上げる。それと、輪郭が明確なアイデンティティを主張することの違いを、センはどのように語ってくれるのか。読み始めたばかりの本のこれからが楽しみだ。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress