なんとなくサンネット日記

2014年5月31日

自分を語らない

Filed under: つぶやき — toshio @ 3:06 PM
今年も咲きました

今年も咲きました

 他人のパソコンを遠隔操作し、インターネット上で無差別殺人などの犯罪を予告したとして、威力業務妨害の罪などに問われ、保釈中だった元IT会社員片山祐輔(ゆうすけ)被告は、520日、それまでの無実の主張を翻し、すべて自分がやったことであると弁護士に伝えたのでした。

 この事件はほんとうに劇場的でした。

 警察にあてた挑発的なメール。江の島の猫につけた記憶媒体。防犯カメラによって身元が割れる。真犯人装うメール。スマホのタイマーメール。佐藤弁護士の苦渋にみちた記者会見…。

 これから行われる精神鑑定や公判のなかで片山被告の動機や思いは少しずつ伝わるでしょう。

 いまは、彼が残した「私はサイコパス(反社会的人格)」という言葉が波紋を広げています。そして弁護士を通して伝えられた「平気でうそつける。別人格になったらコントロールができない」という人物像も。

犯罪心理学に詳しい桐生正幸東洋大学社会学部教授によると、サイコパスとは、平然と嘘をつき、罪悪感とは無縁などの特徴を併せ持つ人のこと。そういう人が「自分で何かにカテゴライズしないと自身のアイデンティティーが保てないときに、自称することがある」という。『AERA』2014年6月2日号より抜粋(http://dot.asahi.com/news/incident/2014052800064.html)

 しかし、日本で、ある事件の犯人がサイコパスを自称したことなどあっただろうか。もう少し広く考えて、私的な場面ですらそのように自称するような人がいるだろうか。思いを巡らせても、答えは出てきません。

 うつ病、アスペルガー、発達障害であることを、日常会話でカミングアウトする人が増えてきました。しかし、その延長にサイコパスもあるというのでしょうか。前者の病名やその人々が置かれている状況と、サイコパスと呼ばれる人々の間には大きな溝があるように思います。

 しかし、片山被告は、溝を軽々と越えてしまっています。

 彼はなぜサイコパスだと言ったのでしょう。そのように言うメリットは何だったのでしょう。ぼくは動機の説明を避けることができるからではないかと思うのです。「出来心でした」「世の中から注目されたかったからです」などと話したとしても、もっと説明を求められるにちがいない。ならばサイコパスだと言えばそれですむだろう、と。

 そして、このショートカットの背景には、サイコパスという言葉に社会的な許容度がゆるくなっていることがあると思います。

 かつて、サイコパスは「恐ろしい異常者」として描かれましたが、いまは彼らがもっている能力に着目されています。(『サイコパス 秘められた能力』、ケヴィン・ダットン著、小林由香利訳、NHK出版、2013年)http://www.npo-sannet.jp/blog/?m=201306

ニューヨークの産業・組織心理学者のポール・バビア(は)「サイコパスは急激な変化にやすやすと対応できる。そうした変化を糧にかえって成功すると言っていい…組織の混乱は、サイコパスの特徴であるスリルを求める性質に必要な刺激を与えると同時に、ごまかしや不正行為を十分に覆い隠せることもできる」(からだ。)(p153)

ノッティンガム大学ビジネススクールの元教授クライブ・R・ボディーは、(企業風土の腐敗といった)問題の元凶はサイコパスだと明言している…「急激な変化、絶え間ない更新」や「主要人員」の離職率の高さなど――こうした状況はサイコパスが「外に向けたカリスマ性と魅力」の組み合わせによって主要金融機関の重役になることを可能にするばかりか、「彼らの行為が目につかない」ように、悪くすれば「彼らがまともなリーダー、それどころか理想的なリーダーにさえ思える」ようにもする。(p189)

  

 このように敷居が低くなった「サイコパス」。私たちは、世界的な金融機関の重役席に座っているサイコパスによって動かされている――このような時代の猫像を受け入れなければならないようです。

 すると、紳士服販売店で服を選ぶように、「サイコパス」という言葉をひょいっと取りあげて、身につけてみたら、なかなか似合うと片山被告は思ったのかもしれません。購入した紳士服を仕事や冠婚葬祭で使うように、「サイコパス」もある場面で使うアイデンティティーの一つかもしれません。

 もし、そうであるなら、片山被告の問題は、病気や性格ではなく、「自分を語らないで済ませたい」という心もちだということです。

 このような時代の動きの反対側に、自分を語り、病名を語り、歴史を語り、そうすることで社会の問題をえぐりだそうという真摯な営みも生まれています。小さな営みであって、目立たなくとも、これこそが大切な営みだと思います。

 病像を受け入れていく社会環境があり、それにのって病気について何らかを語る生き方がある一方、抗すために、血を吐くように病気を語っている生き方も存在しています。私たちはそれを十分に見極めねばならないということです。

あるサイコパスの詐欺師の言葉。

詐欺師にとっていちばんの必需品は、優秀な「弱点」探知機だ。たいていの人間は自分が話していることに無頓着だ。言葉っていうのは話したとたんに消えちまう。だが詐欺師はあらゆることに注意を払う…相手がどういう人間か、ちょっとしたことから答えを導き出す。いつだってちょっとしたことなんだ。…相手に秘密を打ち明けさせるのさ(そうして「弱点」手に入れたら)すぐに話題を変える。気まぐれに。突然に。何だっていい…会話の流れを中断できればいいんだ。相手は十中八九、自分がたった今言ったことを忘れる。(p155-156)

サイコパスという言葉が広がると、このような「本物」の詐欺師はかえって仕事をしやすくなるかもしれません。彼らは愛想よく近づき、気軽に楽しく語り合ってくれます。片山被告と似ても似つかないタイプに、私たちは気を許すでしょう。知らないうちに「心のパスワード」を取られるのですが、そのことに気づくのは、ずっとあと、とんでもない結果と直面する時です。

2014年5月13日

君がどう思う?

Filed under: つぶやき — toshio @ 5:50 PM
武蔵野の思い出

武蔵野の思い出

『福祉と贈与――全身性障害者、新田勲と介護者たち』、深田耕一郎、生活書院、2013。

http://www.seikatsushoin.com/bk/116%20fukushitozouyo.html

この本の著者、深田氏は1981年生まれの若手研究者。彼が24歳から32歳まで介護に入った全身性障害者である新田勲氏をめぐって書いている。新田氏は1940年、昭和15年生まれ。勲という名前からも当時の軍国主義的だった時代背景がわかろうというものだ。

新田氏の生い立ち、考え、生活スタイル、そして70年代の障害者の自立生活運動を描く力作であり、彼の魅力が匂いたつようだ。軍国主義の時代に生まれ、教育の場から排除された彼だが、先駆的で反権力的な活動と人生は、常に前衛的であり続けた(2013年に逝去)。

その新田氏をめぐる議論は、介護活動の本質に迫っていく。

なぜ「贈与」なのか、その意味は何か…そこがこの本の目玉である。ぼくは大きな刺激を受けたが、ぼくの受け止め、この本のテーマの議論は別にしたいと思う。

全体に魅力的で面白い本だが、新田氏が施設を出て、介護者と地域で生活し始めた1973年から70年代の彼らをめぐるエピソードもぼくにはおもしろい。

かつて同時代の空気を吸っていたからかもしれない。次の引用箇所は、かつて介護者だった二人の人がその頃を思い出して語っている。

 

(1970年代は)運動と介護が一体(の情況)だった。社会に訴える行動がなければ生活の術が獲得されなかったのである。また、新田らにとって運動とは行政交渉ばかりではない。さまざまな社会環境を変えていくことも運動の大きな一角を占めた。…カンパ活動を行うためために電車で(住んでいる都営住宅がある)十条駅から渋谷駅まで向かっても、途中で遭遇するトラブルで一日が終わってしまうことがしばしばあった。(当時の介護者である)まりと下田はこう話していた。

まり:まだバスとか電車にも乗れない時代だったから。バスはほんとうに拒否何回もされたからね。

下田:電車も車椅子の板があるわけじゃないし、階段乗せる乗せないでね。改札は通らないとかね。そういうのを渋谷に着くまでもう何回も大喧嘩。

まり:出かけると必ずトラブルが何回か起きたね。

下田:気合いをこめていく、こっちも。

まり:そういう面はあったね。

下田:ぼくなんかの感覚だと、相手の組織に、たとえば駅の国鉄の組織に闘うって感じじゃなくて、その駅員に「この現状をどう思う?」みたいな話を延々さ、次の駅に来るとまた同じ話して、みたいに。そうするともう、池袋で一時間とか二時間とか。渋谷について上から下に降りてくるのが二時間とか、向こうに着いたらもう夜八時過ぎだったとかね、そういうのはよくあったよね。いま思えばね、「人呼んで来い!」とかいえばよかったんだろうけど、昔はもっと、それぞれ会う人会う人に「あんたはどう思うんだよ?」ってさ、「えらい人呼んできます」っていっても「いや、えらい人じゃない。君がどう思う?」って引き止めて延々話をしてしまう。…(P328-329)

 

この、出会う駅員、出会う駅員と延々話してしまう、「いや、偉い人じゃない。君が」というのはぼくもよくわかる。いまの場、この対面が大事で、ここには動かすことのできない何かがある、と思っているのだ。当然、後出しじゃんけんはあり得なかったし、じゃんけんすらあり得なかった。顔と顔をあわせている私とあなた、いまここで結論を出そうという「若さ」があった。

現代は、駅の管理者に要求し、申し立てるだろう。法律や条例を根拠に述べるだろう。苦情の電話をかけたり、メールをだすかもしれない…。

でもあの頃は、いま、ここの関係が問題だった。議論の根拠になる法も前例もほとんどなく、「ここ」を超えていかねばならなかった。ターゲットは管理者でもなければ、後日相手に与えるダメージでもなく、いまここの生身の関係だった。

いまとは時代状況が違っていたのだ。

それでも、いまだって「いま」「ここ」の出会いにこだわることはある。愛情に関することがそうだ。

だから、著者の深田が「贈与」という言葉に込めたのは、このような、情愛とかなさなりあう関係のことである。それを、いまも、福祉という領域で再現できると主張しているのだ。若い研究者が、8年余にわたる実践の上に立ち、新田氏の個別時代的なできごとをつぶさに追いかけ、心の奥に訴えるような普遍性を展開し、語ろうとしている。ぼくは感動しつつ受け止め、このような議論が生まれたことを祝福したいと思うのだ。

Powered by WordPress