なんとなくサンネット日記

2013年10月28日

たずねし人

Filed under: つぶやき — toshio @ 5:18 PM

いつか通った

先日ラジオ深夜便で、石川さゆりの♪「君の名は」(作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而)を聞ききました。

この歌は、同名のラジオドラマの主題歌。あらすじはこんなぐあいです。

――第二次大戦、東京大空襲の夜。焼夷弾が降り注ぐ中、たまたま一緒になった見知らぬ男女、氏家真知子と後宮春樹は助け合って戦火の中を逃げ惑ううちに、命辛々銀座・数寄屋橋までたどり着く。一夜が明けて二人はここでようやくお互いの無事を確認する。名を名乗らないまま、お互いに生きていたら半年後、それがだめならまた半年後にこの橋で会おうと約束し、そのまま別れる――(ウィキペディア)

昭和27年にラジオドラマになり、その後何度か、映画やTVドラマになります。主人公の真知子と春樹は会いそうで、会えなくてドラマは展開します。

昭和37年にTVドラマ化されたのですが、たぶんそれは東京放映。何年後かわかりませんが、ぼくは再放送を見たと思います。毎回、冒頭に流れるナレーション、「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」、これが好きでした。TV局には「真知子はどこどこにいるから、そこに行ったら会える」といった手紙が、春樹宛てで来ていたそうです。

平成3年、NHKの朝の連続ドラマにもなりました。歌手の石川さゆりが主題歌を歌いました。

君の名はと たずねし人あり
その人の 名も知らず
今日砂山に ただひとりきて
浜昼顔に きいてみる

 歌詞から時代を感じますね。

現代の真知子と春樹なら、当然、メールアドレスや電話番号を交換して別れます。朝に夕にメールを送り、返信して、いさかいをしたり、熱くなったりして、半年後を待たずに、二人なりのドラマが生まれることでしょう。私たちは「生き別れ」のない時代を生きているのです。

でも、別れたあと相手は消えて、あてのない世界にいってしまう、「生き別れ」などは掃いて捨てるほどあって、日常の生活のすぐそばにそれは存在している、そんな時代を懐かしく感じます。消えていく世界があって、それを感じあいながら生きる生き方がある、それがいいなあと思うのです。

よく時代劇ににあります。暴漢に襲われそうになっている娘さんのアレーという声を聞きつけて、通りがかりの若い男が、何してやがるんでぇとか言ってかけつける。そして悪い奴をやっつける。「お嬢さん、大丈夫でしたか」と声をかけながら、立ち去ろうとする。娘さんは「危ないところ、ありがとうございました。あのう、せめてお名前を」と問いかける。

すると「名を名のるほどの男じゃありませんぜ。それじゃ、これで失礼しやす」。

お決まりのセリフです。しかし子どもの頃はかっこいいなあ、と思ったわけです。この絶滅危惧種的「かっこよさ」は、消える空間(舞台でいえば袖のような空間)があって、消えるけどどこかにいるという集団意識があって、成り立つものです。

ですから、その逆に、その空間から現れれば、「む、む、む。猪口才な小僧め。名を! 名を名のれ!」、「赤胴鈴之助だ!」などとなって、ジャーン、始まり始まり…となるのです。

この間合い、消える空間が、「いま」を際立たせ、エッジをかたちづくったのでした。でも、これは60年代まで。

80年代になると「24時間戦えますか」となりました。現実の東京も不夜城です。

さらに、いまやネット時代。ほんとうに24時間の戦い。24時間がんばるのは投機関係などの専門家だけではありません。友人関係すら、メールやメーリングリスト、掲示板などで日常的に延々もめたりするようになりました。24時間ずっと消えません。息がつまる時代です。

この消えない空間は、何かを、本気で消してしまった…ぼくはそう気づくのです。

 

万葉集の歌です。

たらちねの 母が召(よ)ぶ名を 申さめど 道行く人を 誰と知りてか

 道行く若者に名前を尋ねられました。教えてもよいのですが、どこの誰かもわからないあなたに、母親が私を呼ぶ本名をとても申し上げられません。(『言霊とは何か――古代日本人の信仰を読み解く』、佐佐木隆著、中公新書、2013年、p189-191)

人間世界のある部分、消える世界は万葉の時代からあったのですね。

2013年10月3日

自己否定するシステム――マネー資本主義

Filed under: つぶやき — toshio @ 5:21 PM

 

ここにも創発性が

『里山資本主義――日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介、NHK広島取材班、2013、角川oneテーマ21)は、地域活動をしている人におすすめです。新しいビジネスモデルを求めている人にも、です。http://www.kadokawa.co.jp/sp/201307-04/(ウェッブ角川)

本の表紙には、里山資本主義とは、「かつて人間が手に入れてきた休眠資源を再利用することで、経済再生、コミュニティー復活をはたす現象」とあります。

木屑発電、高層建築の素材になる集成材などについての実践報告は「目からウロコ」です。岡山の真庭市、広島の庄原市、山口の周防大島さらにオーストリア…。

里山資本主義の対極にあるのが、マネー資本主義。これもNHKの造語ですが、全世界を席巻している現代の金融システムのことです。

日本総合研究所の研究員である藻谷浩介氏は、マネー資本主義について、テンポよく批判します。里山資本主義のことについてもふれたいのですが、今回は、マネーの方についてちょっとふれます。

(マネー資本主義は)お金さえあれば何でも買える社会、自然だとか人間関係だとかの金銭換算できないものはとりあえず無視していても大丈夫、という社会をつくりあげ(た)。ところが繁栄すればするほど、「食料も資源も自給できない国の繁栄など、しょせん砂上の楼閣ではないか」という不安が、心の中に密かに湧き出す。…全体の繁栄が難しいということになると、誰かを叩いて切り捨てるという発想が出て来やすい。官僚がけしからん、大企業がけしからん、マスコミがけしからん…と切り捨てる側の気分で叩いてきたが、そのうちに、「自分こそが、そのけしからん奴らから巧妙に、切り捨てられる側なのではないか」と疑心暗鬼になる人が増えてきた。…さらにはその不満を共有しないように見える(うまい汁を吸っているのではないかと思われる)一部の日本人に対する不信、日本を叩くことで自国の繁栄を図っているのかもしれない(!‽)周辺国に対する不信となって、蓄積され始めた。

…いよいよ今度は日本全体が、切り捨てられる側になってきたのではないかと不安に思う層が増え、不安・不満・不信を共有することで成り立つ疑似共同体を形成し始める。…(疑似共同体から)はじき出されないためには…不安・不満・不信を強調しあうことで自分も仲間だとアピールするしかない。つまり疑似共同体が、不安・不満・不信を癒す場ではなく、煽りあって高めあう場として機能してしまう。(p252-253)

現代の金融システムの無慈悲さ、問題性を非難する声は大きいのですが、なかなか変わりません。それは、ダムとか空港とかといった公共物のように、私たちの生活から独立した、目に見えるものではないからです。マネー資本主義を変えようにも、私たちの暮らしがその中に組み入れられてしまっています。

ここでは、「金/自然・人間からの乖離 ⇒ 不安 ⇒ 他者への攻撃・疑似共同体 ⇒ 煽る場」というふうに、システムが一人ひとりの心のあり方や集団を方向づけることを説得的に展開しています。

では方向づけられた集団はどこにむかうのでしょう。

マネー資本主義に染まった人間共通の病理がある。目先の「景気回復」という旗印の下で、いずれ誰かが払わねばならない国債の残高を延々積み上げてしまうというような、極めて短期的な利害だけで条件反射のように動く社会を、マネー資本主義は作ってしまった。…皆「自分たちの今が何よりも大事」「後のことは後の世代が何とかするので私は知らない」としか言っていない。困ったことにそのような社会では、内心で自分たちの明るい未来を信じなくなる。(p280-281)

人間と人間社会をむしばんでいるマネー資本主義は、この辺から、システム自身をむしばむように見えます。「攻撃を煽り、刹那的な場(社会)⇒ 明るい未来の確信をもてない ⇒ 不安の再生産」とつながり、金が明るい未来を与えるかのように始まったはずのマネー・マジックは一転し、未来を否定するのです。その否定はさらに押し進みます。

少子化というのは結局、日本人と日本企業(特に大都市圏住民と大都市圏の企業)がマネー資本主義の未来に対して抱いている漠然とした不安・不信が表に出てしまったものなのでないか…。未来を信じられないことが原因で子孫を残すこともためらうという、一種の「自傷行為」なのではないかと」(p287-288)

「再生産される不安 ⇒ 自然から乖離する人間、自傷的な人間の再生産」。つまり人間すら否定していくのです。

だから、と本の著者たちは、里山資本主義の実践活動を学び、その暮らしのありようを、一人ひとりが思い描き、それぞれの暮らしの場で大きく舵を切らなければならないと説いています。確かにその通りです。不安の原理ではなく、安心の原理に。

Powered by WordPress