なんとなくサンネット日記

2013年2月23日

心に風があるなら

Filed under: つぶやき — toshio @ 2:31 PM

吹雪のなか帰ります

大澤真幸の『生権力の思想――事件から読み解く現代社会の転換』(ちくま新書、2013年)がおもしろい。同時に難解で、細かなところがわからない。

ただ、かつて(20年くらい前)読もうと思ったのに、読み始めてすぐに挫折したミッシェル・フーコーの著作『監獄の誕生』の解説になったのはうれしかった。

人間の生を管理する権力。人々が、こういうふうにああいうふうに生きたいと思う時に、働く権力をフーコーは「生権力」と呼んでいます。この本では生権力をめぐって、管理、視線、身体といったテーマが取り上げられていました。

いろいろおもしろい議論がありますが、他者の心はどのようにわかるかという部分も興味深いものでした。

他者の志向作用は、否定的・消極的な仕方で(非)顕現する。すなわち、〈私〉は、他者の志向作用が、〈私〉の志向作用と拮抗するものとして発動しているのを直観するのだが、〈私〉が、それを直接に把握しようとするや――つまり〈私〉が自らの志向作用と同等の直接性においてそれを感覚しようとするや――、他者の志向作用は、〈私〉の捉えようとする作用から逃れていってしまう。(p199-200)

ぼくにはかなりちんぷんかんぷんです。志向作用とは心の働きという意味ですが、それにしても難解な文です。そこで、私なりの「訳」を考えます。

――「あなた」の心の働きは、私にわかりえないというかたちで、「私」の前に現れます。「私」は、「あなた」の心も「私」の心も同じように働いていて、影響し合っていると直観します。ところが、「私」の心(とその働きで)で、「あなた」の心(とその働きを)をしっかりつかまえようとすると、つかまえようとする動きの脇から、「あなた」の心は去ってしまう。

「同じ人間だから痛みも楽しみもわかりあえるよ」といいますが、「立場が違えばわかりあえないよ」とも言います。「渡る世間に鬼はいない」けど、「敷居またげば敵ばかり」なのです。どっちが本当なのでしょう。

つまり「〈私〉の志向作用が及びうる視野の領界外へと遠隔化していく」という形式で、否定的に与えられるのである。他者の志向作用は、〈私〉には「把握しえない」というかたちで〈私〉に現れるのだ。(p200)

――「あなた」の心は、「私」の心のはたらく領域の外に飛び出していこうとすることで…つまり、「私」の心には「把握しえない」という否定的な形式によって、「私」の心に現れるのです。

言いかえれば、他人の心はわかりえないと思うことが、他人の心を理解するということになる。そうともいえるかもしれません。

私の苦しみは他人にわからない、と思うことがあります。その気持ちが反発やあきらめからのものではなく、もう少し広い心になって「ああ、わからないけど、それでいいんだな、世界はそういうものなんだな」と思えるようになった時、急に心が通うことはあるものです。

だから、他人への愛は、自分の心から遠く去っていくものを愛しく思うもの。それは自分の身体から離れたところで生まれてくるもの、だから胸がチリンと鳴るような感覚は遠くの思いを受け止めているのかもかもしない…のですね。

わかりあえない、もう会えない、失ってしまったと、手放すことができなければ愛は芽生えず、手放した地点で生まれた愛が、失われたものと次元を超えて結びつけてくれる。そういう関係になっているのかもしれません。

人の世界には不思議な二重性がありそうです。

2013年2月2日

暴力

Filed under: つぶやき — toshio @ 3:26 PM

寒冷前線通過中

明治大学の内藤朝雄氏が、「学校といじめ対策」の提言を新聞に書いた(東奥日報、2013年2月2日「識者評論」)。

タイトルは『「閉鎖空間」に社会秩序を』。大津市の男子中学生自殺問題で、第3者委員が市長に提出した最終報告書への批判になっている。

報告ではふれられなかった教育現場の基本的をめぐる問題、彼の持論である、「学校への警察介入」「学級制度の廃止」を主張している。

――暴力的な教員と暴力的な生徒による、なめたりなめられたり、怖がらせたり怖がったりする綱引きの中で、他人を畏怖させる勢いによる秩序が広がり、それがいじめを蔓延させる。

内藤は、いじめの基盤に、暴力によるパワーゲームをくりひろげる人間集団があるというのだ。この集団が織りなす秩序(=システム)がいじめの温床であり、「普通の生徒」を「人間の尊厳を何とも思わない『怪物』」に変えるという。

いじめは加害者―被害者の関係があるだけではない。怖がらせる「綱引き」があって、「畏怖させる勢い(グループ)」と「秩序」が広がると、そこにいろいろな「いじめ」がのかかっていく。リアルな表現だ。

秩序(=システム)は実に小さな芽から生まれるともいう。

――「仲間うちの勢いづいた力が絶対」「その場の空気に合わせて盛り上がる『ノリ』は神聖にして侵すべからず」というタイプの秩序だ。

あまりにも日常的で、ささいな芽。ばかばかしいことのようにも見える。だからこそどこにでも存在する。部屋の片隅、建物の陰、路上。たった一言、ちょっとしたそぶり、無視。

ささいな芽はゲームであると面白がりながら、パワーゲームの形を帯び、暴力と結びつく。独自の秩序と論理をもち、エスカレートし続けながら、また新しい芽を求める。

この話はよくあることだ。よくわかる。

内藤は、秩序のツールは暴力であるから、警察を介入させ、システムの基盤を突き崩すべきと主張している。

ぼくにとって、 「学校への警察介入」という言葉は刺激的にうつる。簡単に賛同できない。教育に人間解放の可能性を期待し(幻想なんだろうけど)、学校・学級・生徒それぞれの自治・自主管理が広がるように願ってきた(状況はそれに逆行したけど)ぼくには、厳しい選択のように思う。

かつて、TVや映画では、暴力を振るう生徒と向き合い、更生させる熱意ある教師の物語が描かれ、多くの人々はそれを受け入た。だから、ぼくだけでなく、多くの人にとっても警察に通報する教師は権力的か、無気力のように感じて、かっこ悪いと思うだろう。人間性、自治を叫ぶ以前に、「警察介入」には心理的抵抗がある。

しかし、熱意はそれを受取る生徒の感受性があって、はじめて実を結ぶ。生徒の感受性が変化し、熱意が熱意として伝わらなければ、教師の熱意は砕け、簡単に暴力か無力感に変わる。暴力ゲームの演者の一方になることも多いだろう。そこでは、かっこ悪いかいいかなどを言ってはいられず、被害者を救出しなければならない。

暴力ゲームは閉鎖的だ。暴力の届く範囲で機能する。自宅、学校、会社などよりもっと広域な場所、広い地域やネットであったりする。しかし、被害者を動けないように、あるいはそこにとどまるようにするのは共通だ。暴力ゲームは、学校や会社のように閉鎖的な空間だから生まれた面がある。しかし、開放的な空間であっても閉鎖的な空間に置き変えながら、広がる性質をもっている。場の開放性は、抜本的な解決ではないと思う。

暴力は嘘と秘密が好き。いつも閉鎖的な空間に隠れようとする。従属する人間はそこに合わせて口を閉ざす。見ないふりをすることで片棒を担ぐ。だから、「ちょっとそれはおかしいと思う」と「ノリ」に水をさすことはとても大切だ。「まじめなことを言ってもいいかな」と雰囲気を変え、「それは、ずっと前に言っていたことと違うかもしれない」と過去を振り返ることも…。

暴力に抗するには、閉鎖と反対なことが必要だろう。他者にむかって集団や個人を開いていくのだ。形式的に「連携」するのではなく、ギリギリと悩みつつ、開き続ける。その開き方のひとつに「警察介入」もあるのかもしれない。開き続けるという運動を、個人、集団、地域のそれぞれで展開するのだ。

暴力を許してはならないし、暴力ゲームの片割れになってもいけない。隠すこと、口を閉ざすこと、言わないことに懸念を示し、疑問を投げかけ、グループを常に外に、外にと開いていく…それは誰にとっても大切なことだと思う。受け入れられるものと、変えなければならないものを、見きわめる…それは誰にとっても人生の根っことしてあり続けてほしいものだからだ。

Powered by WordPress