なんとなくサンネット日記

2013年1月26日

求めるとき、そこに自由が実現する

Filed under: つぶやき — toshio @ 11:49 AM

毎朝ご苦労さまです

歴史上、さまざまな解放の思想が存在しました。典型的には革命論ですが、最近の極端な市場主義なども含まれます。それらはしばしば現状に対する激烈な批判をもっていました。現状では私たちの自由がこんなにも奪われ、束縛されている。だから今の秩序を壊すべきだという主張として出されました…

 

…問題は秩序を壊して解放された結果、本当の意味での自由が実現するかどうかということです。現実には、単なる無秩序が出現したり、逆に抑圧体制が生まれてしまったりします。

 

 …ですから、私たちがこれから抵抗の自由を行使するにあたっては、もう少し周到な準備が必要だと思っています。自由と権力とを対立させてとらえるのではなく、自由を実現するための権力、自由を支える政治といったものについても考える必要があります。それは、革命思想のように華やかなものとはならず、おそらくもっと地味なものでしょうし、一つの論理によってきれいに貫かれたものではなくて、いつくかの対立するものを妥協させ、不器用につなぎ合わせたものとなるでしょう。

 

 もう一つ、さらに突き詰めて考えていくと…もしも本当に自由な状態が実現してしまえば、そこでは抵抗の必要はなくなるわけです…究極の自由な状態…(を)想定してしまうと、実は自由の大切なところが見失われてしまうのではないか。

 

 自由とは、完全な意味では実現できるものではない。そのことを、まずは認めたほうがいいと思います。かといって、完全に実現できないのなら、自由には意味がないのかというと、そうではありません。自由を求めることにうちにこそ、自由の重要な本質がある。自由を求め続けるからこそ、政治が必要になります。そして、政治が存在している限りで、自由は実現しているのです。自由の必要性を否定したときに、政治もまたなくなる。そういうものではないかと考えています。(『政治的思考』、岩波新書、2013年、P123-125)

 

これは法政大学の政治学者、杉田敦氏の自由についての議論の一部です。杉田さんの主張は、一貫していて、政治的な課題について、自分の外側にあるように考え、語ってしまうと、政治の、もっと広くいえば人間の営みの本質から目をそらすことになる、というものです。

自由も、権力も、どんな政治的な課題も、私たちはその問題だらけのなかで暮しているし、私たち自身がその問題を支えもしている。そういう、人間に対するあたたかみある見方が必要でしょう。このような見方に立ちながら、切実に自由を求めるのです。つまり、

身近な人と語り合う。もっとより良い地域を築こうとする。家族との関係をより良いものにしようとする。いまいるその場で、その場をよりよく変えたいと願う。愛情をもって…。

このとき、リアルな「自由」が立ち上がってくる…その人の人生をよりよく彩る知らせをともないながら。

2013年1月7日

1月7日

Filed under: つぶやき — toshio @ 7:19 PM

かわいい雪ねぶた

 

青森駅に雪ねぶたが並んで、道行人をなごませています。

 

 

雪降りも一段落でしょうか。それとももう少し…。

 

 

ともかく、今日はおやすみなさい。また…。

 

 

■いっしょに暮らす

7日の東奥日報夕刊に、『精神障害者の偏見なくそう』という記事がありました。

そこでは、中西英一という大学の先生(藍野大学作業療法学科)の世論調査を取り上げています。 調査によると、障害者がアパートで暮らすのは心配だと思っている人、つまりそばで暮らしたくないと考える人は、16年前(1997年)は55パーセントだったけど(記事は図だけ。数字はだいたいの目分量です)、4年前(2009年)は51パーセントになったというのです。ごくわずか減っているようです。しかし、これは、なかなかかたくなな偏見があると読み取れます。

このほかにも、「だれでも病気になる可能性があるか」とか、「病気をして入院した人でも信頼できる友人になれるか」といった質問にたいする回答の変化から、病気への理解が進んでいる面もあるという調査研究の結果を導き出しています。しかし、暮らしの面でのとらえ方は保守的なようです。

1997年というと、障害者プランで地域生活支援センターという構想が生まれて、実際に各地で設置され始めた2年目。「地域生活支援」ということばがまだまだ新鮮だった頃です。

それから、13年後、地域活動の展開にもかかわらずそばで暮らしあうことへの抵抗感はあまり変わっていないことになります。

活動の結果、地域で暮らす障害者を知り、「別にそばで暮らしても構わないよ」という人々も増えたでしょう。

その一方で、そばで知っているからこそ心配だという人も増えたのかもしれません。二つのの見方がもみ合っていると思われます。

そこで自分たち、サンネットの活動を振り返り、考えてみると、地域の人たちから見て「ああいう人たちと近くで暮らしてもいいな」と思われるようなものもあったし、その逆も確かにあったと思うのです。つまりサンネットがあったがゆえに、偏見を生み出してしまったという側面もあるということです。ここを忘れてはならないと思うのです。

偏見をなくすものは、偏見をつぶしたいという力ではなくて、「いっしょがいいな」と思える「ひきつける魅力」。

この記事を読んで、それぞれの人の魅力、グループの魅力を大切にしながら、共に暮らしあう希望を育てたいとあらためて思いました。

2013年1月2日

暮らしのなかで

Filed under: つぶやき — toshio @ 6:28 PM

朝の散歩

バイクの郵便配達が、雪道を年賀状を配ってまわる。ぼくはご苦労様ですと声をかける。仕事だからというような照れくさそうな笑顔が返ってくる。

S先生の賀状が届いた。

日本が戦争の反省に立って、(憲法9条を)世界に発信した平和を誓うメッセージとして、老いも若きも、暮らしと政治のなかで、いよいよ大切にして参れればと祈念しています。

S先生は暮れの衆議院選の結果が気にかかっている。改憲論は、現実から遠ざけられた論議という水準をこえて、日常的な領域に入り込んできた。いまや、わたしたちの日常生活のとば口でじっと機会をうかがっている。

60年代の学生運動や市民運動のような熱い議論などない。保守と革新のぶつかり合いもない。ただの日々があるだけ…。暮らしも、政治もどこかボヤッとしたまま、ぼくたちは置き去りにされて、どこかで何かが動いていく。ミヒャエル・エンデの『モモ』の灰色の男たちの世界を思い出す。

だからこそ「暮らしと政治のなかで」ということばがぼくの心に響く。

それぞれの暮らしと社会や政治を行き来しながら、考えようとする先生のイメージが伝わるし、こんなおかしな時代からこそ大事だと思う。

暮らしの場面で人と人が支えあい、暮しあうたがいの力で社会の矛盾を引き受ける。社会をもっと住みやすいものに変える努力を次世代に伝える。そして楽しみあい、いさかいを起しては和解する。暮らしとはとてもたくさんの機能が重なり合い、潜在的な豊かさがある。

この多機能の根源は、協力すること、共感することにあるとぼくは思う。

衆議院選では棄権や無効票(白票を含む)が多かった。政治がおかしいしのだが、ひょっとして、暮らしもおかしな状況になっているのではないだろうか。協力する、共感するという人間の基本的な営みが、暮らしの場ですら表現できにくくなっているのかもしれない。細分化された個人の仕事が生まれる以前に、暮らしと結びついた共同作業が何万年も存在していたのに、それが見えにくい時代になったのだろう。(http://www.npo-sannet.jp/blog/?p=168

共感できない不安は怒りを呼び込み、世の中にたいして無関心や冷笑的な態度を生み出し、それが回りまわって、暮らしの根っこを細くする。政治の危機は、人々の暮らしの危機かもしれない。

 

Aさんの賀状はキリスト者らしく、聖書の言葉が書かれていた。

よく聞きなさい。心を入れかえて幼子のようにならなければ、天国に入ることはできないであろう。

わたしたちは誰もが、かつては、ただ遊び、笑い、泣き、疲れはてて寝てしまう幼子だった。そのような幼子になれば天国に入れるというのだろうか。この言葉の真意はぼくは知らない。でも、いい言葉だと思う。

暮らしと政治を行き来し、平和を願うには、幼子のようにならなければならない気がしてくる。わけしり顔の怒りが政治と暮らしを変えることはできない。幼子のような信頼が暮らしを変え、その暮らしが世を変えるのかもしれない。

 

いただいた賀状を見ながら、今年が皆様にとって良い年でありますようにとあらためて願いました。

2013年1月1日

雪降り

Filed under: つぶやき — toshio @ 2:15 PM

静かに時間が過ぎていきます

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨夜から雪が降り、20センチは積もりました。

元日から雪かきです。

Powered by WordPress