なんとなくサンネット日記

2012年11月28日

時計という言葉は、時計以外と区別する

Filed under: つぶやき — toshio @ 3:04 PM

雪降りの朝

■ことば

 私たちは成長するにしたがって、自己と自己以外の区別をおぼえていきます。そして、日常的に言語を使うことが、その区別、分離にいっそう拍車をかけます。なぜなら、ことばには、そのことばとそのことば以外のものとを分離するという性質があるからです。

 たとえば、時計ということばを使うと、その時点ですでに、私たちの意思とは関係なく、時計と時計以外のものとが分離されているのです。ことばを使っていながらまったく気がつかないことからわかるように、わたしたちは無意識のうちに、このような言語の分離的な性質にならされ、ものはそれぞれバラバラに独立して存在しているかのような錯覚を、ごくあたりまえのようにもってしまいます。(『ゴータマ・ブッダ』羽矢辰夫,1999年,春秋社,p92)

 ことばには、今現在おこっているあらゆる出来事が、実際には緊密なつながりをもった全体の営みのなかで行われているにもかかわらず、それぞれがバラバラで孤立して存在しているかのような錯覚をもたらす性質があります。それぞれがそれだけで存在し得るかのように思わせます。(p166)

 これは羽矢先生の文章です。

 自己がかたちづくられるとき、言葉が大きな役割をはたしています。私たちは言葉でコミュニケーションし、記憶し、イメージを喚起しています。空気のない所で生きられないように、人間は言葉のない世界では生きられません。人間にとって言葉はすべてだと思えます。

 ところが、誰しもが人生のなかで、言葉で言い表せない場面に、幾度も遭遇します。ほとんどが生老病死にかかわるできごとです。そのとき、言葉より人生の方が広いという事実を思い知らされることになります。

 言葉のない世界が自分を覆ったとき、うちのめされた気分に陥り、闇の向こうから不安が押し寄せてきます。私たちは親からはぐれた幼子のようにおびえます。

 しかし、羽矢先生なら「その時こそがチャンス」というかもしれません。不安と悩みを見つめ、その奥底まで見ることができれば、ことばが私たちのものの見方、関係のあり方をバラバラにしてきたこと、バラバラになったあとに、組み立てられたことばの世界で私たちが暮らしていることが理解できるからです。私にはそんなふうに読めました。

■ホンモノ?

 作家の雨宮処凛が、反原発デモ体験と書籍「脱原発とデモ――そして、民主主義」、瀬戸内寂聴ほか、筑摩書房、2012)についてのエッセイを書いていました(『ちくま』、2012年12月号)。

 だから、わたしたちは語るのだ。言葉をぶつけ合い、確かめ合わずにはいられないのだ…血の通った、ホンモノの言葉が聞きたくて仕方ないのだ…私は言葉と出合いたかったのだ。本書で語られ、綴られているのは、決して「脱原発」だけではない。私たちがどう生き、どんな未来を望み、そして何を大切にしていくのか。何を愛し、何を憎み、そして一人の人間として次の世代にどんな責任を果たしていくのか。言葉の持つ力に、ただ圧倒された。

 私たちは福島第一原発がメルトダウンした世界を生きています。事故前と事故後は世界が変わりました。あの悲惨さ、凄まじさをまのあたりにした私たちは、この問題を越える強烈なものを求めています。

 人間がつくり、人間が招いた災害であるから、苦しみを越えるのも人間であるはずです。人間社会に何かを求めれば、それが「ホンモノの言葉」になるのはもっともなことです。雨宮の気持ちはよくわかります。でも、ブッダレベルの話になれば、「ホンモノの言葉」はありえません。言葉は鍵であり、その鍵で開いたこころが、ホンモノに近づいていくのですから。

 雨宮が「ホンモノの言葉」に出会ったのは、それを受けとめる雨宮に「ホンモノのこころ」があったからでしょう。

 「ホンモノ」を求める強烈な〈思い〉と、モノと関係をバラバラにする言葉の〈性質〉の間に、矛盾が生じるのです。ホンモノと思っていたはずなのに、こころが変化すれば、ホンモノはニセモノのように見えてきて満足できず、遠いところにあるはずのホンモノを探し始めます。

 ならば、いっそのこと「言葉なんてどうせ意味あるものじゃないよ」とクールに決めても、それもまたバラバラにする言葉の性質にとりこまれてしまっているだけです。

 人は、ほんとうにむずかしいパラドックスのなかで、悩み、もだえ、そして希望を託し、生き抜いているのですね。

(どうせ人間はバラバラな存在。利害で結びあう貧しい存在。不満に裏打ちされ、強いものを切望する人々の心に、「ホンモノ」らしいものを見せて、まとめ上げれば、たとえそれがささやかな夢であっても「しあわせ」というものだろう…と考える人は、強い存在かもしれません。こころと言葉の矛盾を、こころ自体をバラバラにすることで、言葉に沿って矛盾なく越えているのですから。いよいよ衆議院選が始まりますが、言葉ゲームに陥らないように願っています。)

2012年11月21日

自己形成力・サンカーラ

Filed under: つぶやき — toshio @ 4:49 PM

雪が降ってきました

時間が少しあったので、家に帰る前に、ぶらりと大型古本店ほんだらけに入りました。店内をフラフラして、ふと一冊の本が目に入ります。

青森公立大学の羽矢先生の『ゴータマ・ブッダ』(羽矢辰夫,1999年,春秋社)でした。

ぼくが青森に来て間もない1997,8年頃、先生が主宰する集まりに何度か出させてもらったことがあります。

知らない土地に転入し、仕事もなければさみしく、人恋しい。そんなときにサークルに加えてもらえるのはとてもうれしいものです。そんなぼくの事情もあり、先生の淡々とした落ち着いた語り口が好きで、月に一度の勉強会にいそいそと通いました。古本を手にして、そんなことを思い出しました。

久しぶりに先生と会うつもりで、その本を購入します。とはいうものの、先生の本を読むのは初めて。読み始めると、文章は語り口調と似て、静かな気持ちになります。知らないことばかりなのですが、不思議と、ブッダの時代のインド大陸の空気を吸っているような気分にもなるのです。

一方、本は、現在、社会問題になっている人間の自己中心性、反対の自己喪失感、人間の存在の核心をつきます。悟りについての本ですから、根底に迫るのはあたりまえですが…。

全体を紹介することはぼくの手にあまります。気にいった個所を備忘録として記しておこくことにしましょう。

以下は、ブッダの説く十二因縁について述べた箇所です。

 何によって起こるかを自覚するはできない(無明)が、もろもろの力(自己形成力)がはたらいて、固定的実体的な「わたし」が永遠に他と関係なくそれだけで存在するかのように思いこむ自己が形成される…〈その形成された〉自己がみずからの基準によって世界を価値づけて受けとる(感受)。それは自己中心的な欲望(渇愛)として無意識の習性となり、正体を現さないまま、私たちを闇の底からつき動かす、得体のしれない衝動となっている。(p72)

 この自己形成力と訳された原語は、パーリ語のサンカーラ。もともとの意味は、天然自然の素材に手を加えて仕上げ、それに飾りを加えて、美しいものに仕立てるという意味なのだそうです。人間の意識が仕立て上げられると、それは独特の世界の見方を獲得します。

その見方によれば、自己と世界が対立して存在していて、それぞれ意味もなくバラバラに分離しています。「自他分離的次元」の見方というそうです。

自他分離は、自己に欲望を生み出しますが、他者との関係においても問題が生まれます。

 

貧しいことや裕福なことは、それ自体、善でも悪でもなく、優れているわけでも劣っているわけでもありません。しかし、その状況と自己が結びつけられて他者と比較されると…優れているわたしが貧しくて、劣っているかれが裕福なのは許せない、というように変化が生じます。つけ加えられる意味づけによって、他者とのあいだの分離感が増長され、あたかもそこに絶対的な価値および関係の対立があるかのように思ってしまうのです。

さらに、さまざまな自己をつくりながら、競ってお互いの優劣をつけあうような生活をつづけていけば…たましいの痛みにたいして無反応、無感覚な自己ができあがります。悪意のない残虐性、純粋な汚れ、鈍重な辛辣は自己を中心とする世界にのみ育つのです…

自己の絶対化がすすみ、自己を中心において、自己と共有できる利益があるかぎりは他者と結びつき、それがなくなれば離れていきます…そのような自己を絶対視したうえで成立する関係は、最終的にかならず敵・味方の対立という図式におちいってしまう危険性をともなうということです。(p78-79)

 

自己と世界を分けると、自己も他者もそれぞれ離ればなれになり、孤立します。バラバラの関係だから、操作し、近づけ、遠ざけ、結びつけ、比較するのです。見える世界の前面には利害関係が広がり、愛とか信頼とかつながりは背景に押しやられます。

「わたし」という奥底に、「わたし」が生まれた始まりに、このような作用がはめ込まれているのですから、なかなか苦悩の源泉は抜きがたいものですね。「わたし」イコール苦悩みたいなものです。

ならばいっそのこと、愛とか信頼に目をつぶり、利害と競争に生きると決心する人、わざわざ決心しているまでもなくそれ以外の生き方が想像できない人、そのような人も表面的な苦悩が減るかもしれませんが、孤立の淵へと落ちることになりかねません。

ブッダはサンカーラが苦悩の根源であると説いているといいます。なんと深い洞察なのかと思います。

個性の強調、自己実現、選択と自己責任…このような現代的な考え方が、その目的に反して、それぞれの人々に孤立をかたちづくっているという指摘に重なっているではありませんか。

 

サンカーラ、自己形成力、自他分離的次元ということに関して、ぼくの驚いた指摘がもう一つ。それは時間についてです。

世界から切り離れて自己がいるから、世界のバラバラのできごとの因果関係をつかみやすく(関係を形成しやすく)、そこに時間(という意識)が生まれるのです。

この自己を中心とする意識形態は、すべてを別々にして分かるという意味の分別、すなわち思考にほかならず、時間のなかで育てられます(P80)。

固定実体的な「わたし」を想定すると時間的な連続性をうまく説明することはできますが、それとひき換えに「わたし」への過剰な執着が生まれてきます。(p172)

 

確かに、利害・比較・操作しようという意識には、時間は不可欠です。これをこれにこうして、するとこうなるから、こうする…そうすれば敵はダメージを受け、やつを味方につけることができる…というぐあいに。

思い出したのですが、むかしむかし、大阪万博の太陽の塔の製作者で芸術家の岡本太郎が「芸術は爆発だ!」と叫ぶCMがありました。ものごとの因果関係、時間の推移を否定するような「爆発」のなかに芸術がある、といった彼の言葉は、意外と深いものかもしれないと思いつきました。芸術は、時間空間と別の次元にある、俗的な意識とは異なる次元のものと言っていたのでしょうか?

愛とか信頼といったことも、時間次元や、切り離れて浮遊する「わたし」の世界とは別ところの存在である気がしてきます。

ふーむ…これは考えていくべきテーマかもしれません。

Powered by WordPress