なんとなくサンネット日記

2012年1月23日

無名性

Filed under: つぶやき — toshio @ 6:36 PM
おばんです

おばんです

■レスポンス

 1月14日「引き裂く/引き裂かれる・自己」の記事に、何人かの方から質問や意見をいただきました。「加藤青年は精神病だったのではないか、自分と彼とどこが違うのか」あるいは「引きこもり、ネット依存、女性への憧れ…それは自分も経験してよくわかる」。このような意見です。

 派遣(ハケン)、秋葉原(アキバ)、ネット、ケータイ(携帯)、負け組…加藤青年をめぐって現代的なキーワードと断片的情報が流れ、多くの人の関心や共感をひきよせた事件でした。

 それで、「普通」の若者の日常と地続きの事件という印象が生まれた側面があります。

 加藤青年は事件の2年前、母親に精神科に受診しようかと話したことがあります。しかし、受診したことはないようです。彼は公判において「私が起こした事件と同じような事件が将来起こらないように参考になることを話しができたらいい」と述べて、事件の原因として3つをあげています。

 一つ、問題があった時、言葉で表現しないで(暴力的)行動を起こしてしまうという「ものの考え方」。

 この「行動パターン」は、母の育て方(虐待)にあると、多くの識者が指摘しています。(芹沢俊介氏は「教育家族による子殺しというとらえ方」を無視してこの事件の本質は見えてこない、彼が起こした無差別殺人の前に、彼自身が深いところで殺されていたと述べています(『「孤独」から考える秋葉原無差別殺傷事件』P123)。確かに行動パターンが彼にとっての原因かもしれませんが、それであの大きな被害を説明できるわけではありません。

 二つ目、彼は、掲示板に現れた「嫌がらせ」が大きいと述べます。

 しかし…事件の5日前にはもう、荒らしやなりすましの嫌がらせはなくなっていました。荒らしの出現の結果、誰も来なくなった掲示板の孤独が大きかったのかもしれません。孤独が原因なのでしょうか。

 三つ目は、掲示板ばかりに依存していた生活のあり方が問題だったと彼は言います。

 中島岳志氏はこの点について「なぜ友達がいたのに孤独だったか」(『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』)と、疑問を投げかけます。加藤青年の生活は引きこもりとはいえませんでした。中島氏はこのように述べています。

 「意外なことに、加藤は現実生活に思いのほか多くの友人がいた。私は…彼の足取りをたどり、各地を歩き回った。すると、その過程で彼と仲のよかった友人が次々と現れた。…しかし…現実の友人では、(加藤には)どうしても透明な関係を結べない。真の自分を承認してもらえない…ネット上で同じネタを共有できる仲間は、自己を真に承認してくれる相手に思えた。――現実は「建前」で、掲示板は「本音」。そう語った加藤の言葉にこそ、この事件と現代社会を読み解く重要なカギがある」と。(p15-16)

 中島氏は事件の原因や加藤青年の問題の「答えを急いではいけない」と警告します。私も同感します。

 彼から事件を考えると3つの問題が見え、それで説明しようとする。しかし、私たちの立場からすると、それで事件を説明しているようには見えない。彼には見えて、私たちには見えない。おそらく、もっと彼と世界の内側、3つの問題の焦点が結ばれる暗闇で、問題は静かに存在しているのではないでしょうか。

■無名性とともに

 ネットの匿名性が人々の心をむしばんでいるのではないかとつねづね思っていました。

 匿名性に守られることで自分の胸の奥深くに秘めていた本心を語る、ということがあります。この場合、何を語りたいのか、方向はその人の心的世界の一点に向かおうとします。

 しかし、匿名性のなかだからと、多様な「自分」を創作することがあります。ネットのなかでなりたい自分を装う。あるいは、誰かの反応を期待して、偽りの人物になる。しかし、いずれにしても、他者が問題です。語ろうとするベクトルは他者が存在する外をめざし、あらゆる方向に拡散します。生まれた「自分」は次々に分岐し、跳び、肥大し、たくさんの「自分」が絡み合い、大きな森のようになっていきます。真っ暗な森のなかではどこがどこかがわからないように、元の自分がどこにあるか、もう見分けることはできません。

 加藤青年の問題も、ネットの匿名性の負の力のなかに、自分を見いだそうとしたため、迷い道をさまようはめになった気がしてなりません。

 そんなおり、ある記事に目が引かれました。1月22日付東奥日報(青森県の地方紙、共同通信系の記事)東京都現代美術館のチーフキュレーター(学芸員)長谷川祐子さんの「『なぜ?』から始める現代アート」(NHK出版新書、2011年)の本の紹介が、それです。

 20年前、駆け出しの学芸員だった長谷川さん。フランスの女性アーティストが、生まれつき目が見えない人々から聞き出した美のイメージを写真で展示するという、「見ること」を根源から問う作品を制作していました。展覧会で彼女の作品を取りあげたとき、ある評論家は「僕は知らないから」と会場に来なかったそうです。

 「このとき、現代アートの“無名性”とともに生きようと決めた」。長谷川さんはその時、そう決心します。おそらく、この逸話には、女性アーティスト・女性キュレーターを軽んじた大御所の男性評論家という話もあると思います。

 ところが、この評論家の無視ということを、「男性:女性」という土俵ではなく、より高次の「有名:無名」「評価:可能性」「既知:出会い」という土俵に押し上げていった長谷川さんの度量。これがすごいと思います。何度も読み返し、ジワッといい気分にさせられました。

 そういえば、無名でいることの勇気、無名であることの誇り、そんなことも、今の時代、忘れられつつあります。ずいぶん力をこめたこの無署名の記事(いい文章だと思いますが)、書いた人は女性記者のような気がします。記事はこう結ばれます。

 ――現代アートの作品は、見る人の創造性が加わって、はじめて完成するという。「アーティストは、自分の作品を待っている人が必ずいると思ってつくっています」。橋渡しするキュレーターもまた、見知らぬ誰かを信じ、待つ仕事なのだ。――

 そうですね。…だから、無名性には信じる、待つという力もあるのかもしれませんね。

2012年1月14日

引き裂く/引き裂かれる・自己

Filed under: つぶやき — toshio @ 6:48 PM
ブルーライト新町

ブルーライト新町

■秋葉原事件・ナウシカに間に合うかしら

 2008年6月6日金曜日の午後だった。加藤青年は、北陸本線JR福井駅で特急に乗った。

 この日、彼は片道5時間以上をかけ、わざわざ静岡県から福井県まで来た。福井市内のショッピングセンターで買い物をすませ、静岡・裾野の派遣先宿舎に帰るところだった。

 電車内でケータイ掲示板をひらく。掲示板は彼にとっては、求め続けた“居場所”、自分が自分に帰れる“ところ”だが、今はおとずれる人がいない孤独な空間になった。彼が立ち上げていたスレッドに書き込む。このときの彼は機嫌よく、明るかった。

 「米原駅では『ナウシカ間に合うかしら』『上下線同時発車とかかっこいいじゃないか』と書き、浜名湖を通過する際には『浜名湖だ浜名湖』と無邪気に書きこんだ」(『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』、中島岳志、2011年、朝日新聞出版、P206)

 午後3時をやや過ぎ、米原で東海道新幹線に乗り換え、「ナウシカに間に合うかしら」と書きこんだ。この日、夜9時から日本テレビ系列で、映画「風の谷のナウシカ」が放映されることになっていたが、この放映時間まで家に帰れるだろうか、という意味だ。ぼくはこれにひっかかりを感じた。

 このとき、加藤青年は、すでに秋葉原で事件を起こすことを決意している。福井行きはそのためだった。ミリタリーショップで買った6本のナイフを、もち帰るところだ。2日後、秋葉原が彼の想像通りになれば(そうなるのだが)、この書き込みが世に知れることになることも予想していた。その上での書き込みだ。あと宿舎まで4時間。テレビが始まる2時間前には戻る。2時間ほどの時間をどこかで使うつもりになっていた…。ぼくから見ると、この書き込みにはいくつもの矛盾があるように見えた。

 三島で新幹線から乗り替え、JRでひと駅、沼津駅に着くと、“予定通り”風俗店に入る。1時間ほどして、再び帰路についた。8時半に帰宅したが、「風の谷のナウシカ」を見たかどうかはわからない。(『秋葉原事件―』P210)

 ナイフを購入するため、わざわざ福井まで足を延ばしたのは、その店に感じのいい女性店員がいるというネットの評判で決めた。ショップの防犯カメラに映った加藤青年は手ぶり身振りを交え、女性店員に饒舌に語りかける姿が映っている。(秋葉原事件―』P206‐209)

 人恋しい、女性と話をしたい。この気持ちが、女性店員との会話になり、風俗店につながったのだろう。そしてその気持ちは「風の谷のナウシカ」とも重なったのだろう。しかし、侵略者と闘うナウシカと、ミリタリーショップの女性店員や風俗店の女性。状況と関係の違いを、彼のなかでは越えて、同一面上でむすばれる。これがぼくには不思議だ。

 さらにもう一つ、より大きな疑問。それは、世界を救い、村を救うことを願うナウシカの映画を見たいという“望み”と、2日後の惨状を想像しながら数本のナイフを所持している新幹線の自分という“現実”の同居だ。彼のいろいろな思いの雑居にめまいをおぼえる。自分がやろうとしていることの意味とアニメの世界の価値観の区別が、彼にはついていないのかもしれない。

 ■タテマエと本心と本音と

 ぼくの違和感は、彼のそれぞれの断片的な思いを包摂するはずの「彼」を描こうとしても、それができないところにある。思いが滑り続けてすすめない地点への違和感だろう。

 〈世界を救うナウシカのアニメを見たい〉、〈人恋しい。この書き込みを誰かに読んでもらいたい〉、〈秋葉原で事件を起こしたい〉、〈事件後、この書き込みは公開されるだろう〉…。彼の思考の断片はただバラバラに外側にむけて放射され、ひたすら拡散しながら世界のはてにむかって孤独に疾走する。

 では、放射する中心、核、そこには何があるのだろうか。ただの寂寥な伽藍だろうか。

 精神科医の高岡健氏は、加藤青年の資料を精神分析学的に検討し、「原初的母性的没頭の部分が非常に荒れて」いるので、女性を取っかえ引っかえすることによってしか生きていけないかもしれないというようなことを述べている。(『「孤独」から考える秋葉原無差別殺傷事件』、芹沢俊介・高岡健、2011年、批評社、P115)

 すさまじく別々のことなのに、それがどうして同一次元で語られるのかが、ぼくの「ナウシカ 間に合うかしら」の書き込みへの疑問だった。

 この疑問を、高岡氏の指摘を下敷きにして考えると、バラバラになりそうな自分を引きとめるために、だからこそ、女性(人)への依存するできごとがバラバラに生まれたのではないだろうか。さらに、そこに、本心と本音と本人を別々に使い分けられる掲示板(ネット・ケータイ)が絡まることで、さらに彼は幾重にも引き裂かれていったのだろうと思えてくる。

 …「ナウシカ」の書き込みは引き裂かれた裂け目そのものかもしれない。

 (高岡氏のいう「原初的没頭の非経験」(⇒自立不安)に現代性があるなら、それは、実に現代的な存在であるインターネットと並行した位置にあるのかもしれない。だから、自立不安をかかえた人にとって、ネットの諸特性である、匿名性、情報の断片性、大量情報の操作可能性といった諸特性は、人間の弱点を補い、「世界」との結びつきを再構成すると思われていたのだろう。たとえば、――ネットの匿名性は、自立不安の人々にとって「パーソナリティの形成」に寄与する。情報の断片性は即時取得性となり、即製されたパーソナリティ、簡便なペルソナ(仮面)獲得に連動する。大量情報の操作可能性は「社会への関与の強化、役割獲得の促進」である。したがって、自立不安をもつ人たちは、ネットにアクセスすることによって弱点を克服できる――と思われる面もあった。はたして、それでいいのだろうか。ネットの特徴は自立不安を直接「克服」しているわけではない。問題をかかえた人物がネットに依存することで、問題を覆い隠し、覆いが利点であるかのように見せかけただけかもしれない。『千と千尋の神隠し』のカオナシが飲み込んで肥大したものを吐き出してしまうと、再びか細くたたずむようになったように、問題の肥大化は問題の解決にはならないのだから。加藤青年(と被害者の苦しみから)から学ぶものはまだまだたくさんあると思う。) 

 

■引き裂かれた「世界」を受けとめる

  死にてある蚯蚓(みみず)よく見れば疑問符の形をしてをリ鬼気たちてをり   田中峯子

 これは、昭和20年6月、学徒動員先の東京第1陸軍造兵廠(板橋区)作業課の謄写版印刷機でつくられた合同歌集『白埴』にある日本女子大の学生(国文科四年)の歌。

 「死んだままのミミズ。よく見てみると、疑問符の形をしていて、ぞっとするような恐ろしさを放っている」と詠む。(『短歌で読む 昭和感情史――日本人は戦争をどう生きたのか』、菅野匡夫、2011年、平凡社新書、P203-204)

 この頃、沖縄・東京は焼け野原、玉砕が続く。武器も食料も乏しいが、降伏するとは言えない、考えられない。このような人を引き裂いくような状況のもとで、死んだミミズを見つめ、地の奥から生まれる鬼気をとらえる。その「気」はこの世の邪悪をつつみこむかのようにむくむくと立ち上る。

 彼女の、あるいは人々が生み出す「鬼気」は、この世の強き人々にむけて何かを暗示している。悲惨な社会状況をつらぬく「己」がしっかりと存在し、引き裂かれた世界と揺らぎのぼる鬼気を結びつける通路なのだ。

 戦争末期にあって、このような歌集をつくったのは、どのような人々のどのような思いなのだろうと思う。ここには、時代をこえた人間の可能性が存在していると思う。

 おそらく、いま私たちが求めなければければならないのは、造兵廠のなかで反戦的な歌をつくるような営みではないか。人間の本質的な力を受けとめる作業をもっとも問題のある場から考え続けようとする営み、己をしっかりと束ねて表現にまで高める内なる力が必要とされている。

 掲示板やネットを力強く越えていかなければならない。そうでなければ、私たちの社会は人々の心のなかから崩れてしまう。無言のまま、そのように加藤青年は私たちに語る気がするのだが…。

 (明日、芹沢俊介氏が来青する。著書「孤独」から考える―と同じ演題で講演があるという。http://mytown.asahi.com/aomori/news.php?k_id=02000111201050007

2012年1月5日

多文化主義アート

Filed under: つぶやき — toshio @ 4:24 PM
1963年 バマコ

1963年 バマコ

 昨年12月、東奥日報の文化欄に『アフリカへの複雑な視線』という小さな記事がありました(12月7日)。

 写真批評家の竹内万里子という人の、11月の世界最大の写真フェア「パリ・フォト」についてのレポートです。同フェアではアフリカ特集が組まれ、アフリカ写真家への関心の高まりのなか、今や世界的によく知られるようになったマリック・シディベの写真『クリスマスの夜』も再び注目を集めたと述べていました。

 私は記事の中身に目を落とす前に、写真にくぎづけになりました。1963年、フランスから独立間もない西アフリカのマリ共和国。

 初々しい男女が恥じらうように寄り添い、ダンスをしています。身体はふれていませんが、愛し合っていることがよくわかる間合いです。彼女は素足ですてきなワンピースを着、彼はモカシンを履き、白いスーツで決めています。きっと二人にとっても特別な日なのでしょう。ほのかな笑顔だけど、だからこそふたりの愛と信頼と喜びがひしひしと伝わってきます。

 なんと美しい写真だろうと思いました。http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2010/feb/27/malick-sidibe-mali-photographs-interview

 私たち人類は、考える枠組み、視野、感覚を広げる営みを続けてきたと、いえます。何百年かのあいだ、人類は「人間性」を発見し、「新大陸」に到達し、天動説から地動説に、そして太陽系の外に関心を伸ばしてきました。

 この数十年、(今からすると逆に不思議な気がしますが)子どもや女性も男性の大人と同じ人間と受けとめるようになり、人種、障害、病気についての感受性も変化しました。

 写真の話に戻すと、かつてアフリカは先進国の人々によって、撮影される対象でした。それが、1960年代にアフリカで独立が続き、アフリカ人が自分たちの日常を写すようになったとき、カメラを軸に、写す・写される関係はグルっと回転しました。

 しかし、この回転が起きたことを、非アフリカ人が知るのは1990年代になってからです。この気づきが再度広がり始めているというのがこの記事の内容です。それで、90年代に関心があつまったこの写真が「再び」注目されているのです。

 撮る・撮られるの視野は回転し、拡大しました。西欧中心主義から多文化主義に、私たちはまだまだ転回し続けるステージの上にいるのでしょう。

 1935年頃(!)生まれのマリック・シディベは1950年代半ばから写真を撮り始め、1962年にスタジオをもちました。町のスタジオ写真屋さんであるシディベは1990年代まで写真集も写真展も見たこともなかったそうです(!)。そのシディベの芸術性が、フランス人の学芸員に「発見」されたのが90年代。いまやアフリカ写真家でもっとも知られた一人になったそうです。

 独学の写真家。彼は「自分が何を欲しているかについて観察し、理解する才能を持つ必要がある」と述べています。自分を知ることを頼りに、作品を撮り続けたということを知ると、1963年のこの写真がまたすてきに思えてきます。多文化主義は、既成の枠組みに頼れないのですから、自分を理解することを避けて通れないのかもしれません。

(マリック・シディベの撮影風景の動画が「世界の写真家を動画で見てみよう」という下のサイトにのっていました。若い元気なシンガーソングライターのインナ・モジャが、マリックの適当という感じのスタジオで撮影されています。マリックは上から覗く昔風のカメラでしかも白黒フィルム。ニコニコしながら写真を撮るのが本当に好きといった感じ。ほのぼのとなぜか元気の出る動画ですよ!)

http://blog.goo.ne.jp/artbird/e/8650522e9f53f06f4cf74423e9bd3e1a

Powered by WordPress