なんとなくサンネット日記

2011年10月29日

忠誠心フィルター

Filed under: つぶやき — toshio @ 2:49 PM

 

町の紅葉

町の紅葉

アマルティア・センの『アイデンティティと暴力』(2006、邦訳東郷えりか、勁草書房、2011)が読み進まない。

 理由の一つは、センの思考の長さにぼくがついていけないからだ。彼はずいぶんゆったりと、ひとつのテーマをじっくり追っていく。ぼくはそのじっくりさにがまんできず、降参して、眠くなってしまう。

 結果、50頁あたりまで何度も行ったり来たりして1ヵ月が過ぎた。

 どうも箱根の山を越えるための関所になったらしい。

 その50頁の手前に、経済学者のジョージ・アカロフの「忠誠心フィルター」という言葉が出てきた。人生における価値観を変える経験、とカッコで説明されている。意味はわかる。忠誠心や誠実さが変わる――裏切られた体験などでネガティブに変わるのではなく――体験によって、忠誠心が育ち、深まるということを指しているのだろう。

 しかし、その体験がなぜ「忠誠心フィルター」なのだろう、と不思議に思う。

 ドリップコーヒーを入れているイメージが頭に浮かぶ。体験というお湯が注がれ、フィルターが忠誠心なのだろうか。そしてこされて出てくる、何か善きもの…。なんかしっくりしない…。

 調べてみると英語では“Loyalty Filters”なのだそうだ。フィルターは複数形だった。Loyaltyは忠誠心や誠実さと訳される。忠誠心が複数形ではおかしい。

 おそらく忠誠心フィルター=種々の体験、なのだろうと思う。すると次には別のイメージが浮かんできた。外の世界から光が部屋のなかに差してくる。「忠誠心フィルター」はプリズムだ。光を通過させると、光は壁にいろいろな色が描かれる。描かれたものが忠誠心である。プリズムを変えると、また違うスペクトルが浮かび上がる。それもまた、別の状態の忠誠心や誠実さ。

 忠誠心は、つぎに、自分とアイデンティティをむすびつける絆になる。そう、アカロフもセンも考えているらしい。アイデンティティは、体験と選択と忠誠心(誠実さ)にかかわっているというのだ。

 忠誠心や誠実さが、ある体験を経ることによって、自分の眼前に描き出される。そういった体験は、一人だけの体験ではありえないかもしれない。複数の人々、物語、危機、勇気などによって織あげられた体験に違いない。するとアイデンティティは、他者と共感とも関係していることになる。

 ただ、それにしても、いまのご時世、ぼくたちにとって、誠実さが浮かび上がるような体験はたいへん貴重なものだ。もし体験したならだいじにしなければならないだろうと思う。

2011年10月15日

10・21から10・15に

Filed under: つぶやき — toshio @ 5:48 PM
低気圧の谷間です

低気圧の谷間です

■広場を清掃する=自由な空間をつくる

 アメリカのウォール街で始まった反格差社会デモが、10月15日、世界一斉行動日として、世界1400ヵ所でデモなどが予定された、と東奥日報に載っていた。

 「ニューヨークの運動は近隣住民に配慮して酒やドラッグ、器物破損を一切許さず、打楽器演奏も制限するなどの方針を打ち出した」。

 記事のこの最後の部分が興味深い。世論に受け入れやすいパフォーマンスを!ということでなく、格差社会がかかえている問題を、暴力的ではない共同行動によって積極的に明らかにしたい、という面があると思うからだ。

 反格差社会行動は、1月のチュニジアのジャスミン革命から始まった変革行動が世界一周し、ニューヨークにたどりつき、再び世界に飛び散っている。

 ジャスミン革命から1ヵ月もしない2月11日、エジプトのムバラク政権が倒れた。エジプト「革命」直前に現地入りした東京新聞の田原牧氏は、体験した「革命」のなまなましさを『中東民衆革命の真実』(集英社新書)で報告している。

 「革命」後、カイロのタハリール広場は明るい活気と自由さにあふれていた。「このタハリールはわれわれの自由な土地なんだ。ここは自由を愛する人々が集まるのさ」という青年もいた。痴漢も盗みも横入りもない、自主的な統制のとれた広場、多くの人が集まり、そこにはすすんで行う清掃活動もあった。

 田原氏はこう言っている。「(多様な政治勢力が混在するエジプトの将来は不安定であるが)もし希望らしきものがあるとすれば、それは黙々と広場の掃除を続ける青年、市民たちの姿にあるのだろう。革命という祝祭の後に、こんなにも地味な光景は予想しなかった…(かれらを)支えていたのは倫理だった」(『中東民衆革命の真実』、P201)。

■打倒すべき社会VS個人

 中東の動き、先進国の反格差社会活動は、2010年10月、米国の秘密外交公電を公開したマスコミ報道にその源泉がある。

 これは米国陸軍上等兵ブラッドリー・マニングが国家機密に不法アクセスし、外交公電資料を外部に持ち出した。その資料をウィキリークスにリーク。受取ったウィキリークスのジュリアン・アサンジは、マスコミと駆け引きをし、公開させたという経過によるものだった(2011年3月31日日記参照)。

 マニングやアサンジは社会システムにダメージを与えることを考えていた。カイロの青年たちのように、共同で、自由な土地をつくろう思っていたわけではなかった。

 マニングやアサンジは、社会主義革命の祖父たちより、むしろ「ユナボマー」に似ているといわれる。

 ユナボマーとは、70年代後半から1995年にかけ、アメリカ各地の大学・航空会社などに小包爆弾を送りつけた事件の犯人のこと。その攻撃先ゆえ、ユナボマー(University and Airline Bomber。大学と航空会社の爆弾犯)と呼ばれていたのだ。

 犯行の中止と取引に、ニューヨーク・タイムズ、ワシントンポストなど全国紙に彼は声明を載せさせた。それはユナボマー・マニフェストと呼ばれた。以下はその一部である。

 「システム(高度管理社会)は、適合しない人間は苦痛を感じるように改造する。システムに適合しないことは『病気』であり、適合させることは『治療』になる。こうして個人は、自律的に目標を達成できるパワープロセスを破壊され、システムが押しつける他律的パワープロセスに組み込まれた。自律的パワープロセスを求めることは、『病気』とみなされるのだ」(『アンダーグラウンド』、村上春樹、講談社文庫版、1999、P745)

 ユナボマー=犯人はセオドア・ジョン・キンジャンスキーという数学者である。彼は隠遁生活をしながら、敵視する「システム」を破壊する行動を18年も続けていた。マニフェストを出した翌年に逮捕。終身刑に服すことになった。システム(高度管理社会)を、彼はずっと自分をおしつぶそうとするもの、改造しようと襲ってくるものとして描いた。

 社会と個人が切り離れたものととらえるところは、キンジャンスキー、マニング、アサンジに共通している。

■ユナボマー・マニフェスト2011を越えて

 村上春樹は、この声明から、声明が公表された同じ年、日本でおきたオウム真理教の地下鉄サリン事件に通底する手がかりをしぼりだしている。

 「ここでキンジャンスキーが述べていること自体は、基本的には正論であると思う。私たちを含んで機能している社会システムは多くの部分で、個人の自律的パワープロセス獲得を圧迫しようとする…もっとざっくばらんにいえば、要するに『自分自身の価値を掲げて、自由な生き方をしたいと思っても、世間がなかなかそれを許してくれない』ということになる…」

 「しかしキンジャンスキーが――意識的にか無意識的にか――見逃していることがひとつある。それは『個人の自律的パワープロセス』というものは本来的には『他律的パワープロセス』の合わせ鏡として生まれてきたものだということだ」(P745‐746)

 この社会と自己、他者と自分という合わせ鏡(=相互関係)を脇におき、「自律的パワープロセス対社会システム」という対立図式を、どんどん先鋭化してしまったのがオウム真理教である、と話は展開する。

 オウムの彼らは、社会システムを敵視し、破壊しようとしつつ、その実、自分の内面を組織に明け渡していった。しかしその自分を「預ける」という行為は、非オウム(=「正義」の側)の私たちともどこか似ていないか? なぜなら、私たちも自分自身を、会社、地域、制度に明け渡しているではないか…。するとオウム真理教が「私たちの側に」再び戻ってくる地点がある気がする。ここに、心の奥からよどみがやってくるような気味の悪さ、後味の悪さがある…。そんなふうに村上は指摘している。

 だからこそユナボマー・マニフェストを私たちは越えなければならない。「越える」ということは、自分のなかに簡単に敵を作らないことかもしれない。社会や他者と相互関係している自分を認めることかもしれない。また、広場を黙々と清掃することかもしれないと思う。なぜなら、そんなささやかな行為が、ひどい破壊的な行為の埋め合わせをしてきたのだから。

 ニューヨークのデモに参加したひとりの女性が、何万キロも離れたカイロの青年と静かなリズムをあわせながら、黙々と街角のゴミを拾っているのかもしれない。今日はそんな風景を想像してみようか。

Powered by WordPress