なんとなくサンネット日記

2011年8月31日

いまどき、強欲ははやらない

Filed under: つぶやき — toshio @ 10:55 AM
晩夏の朝

晩夏の朝

共感は進化の歴史のはるか昔、私たちの種よりもさらに前までさかのぼると考えられている。おそらく子育てが始まったときに生まれたのだろう。二億年に及ぶ哺乳類の進化の過程で、自分の子供に敏感なメスは、冷淡でよそよそしいメスより多くの子孫を残した。(『共感の時代へ――動物行動学が教えてくれること』、フランス・ドゥ・ヴァール、2009、邦訳2010、柴田裕之、紀伊国屋書店、P99)

陽平:この本、面白いと思うんだ。

風子:そうなの…。ふーん、帯の文章が仰々しいわね。「生物や進化を考えずに、政治や経済は語れない。なぜなら社会は人間から成り、人間は生物として進化の歴史の上にあるのだから…そして『共感』にも長い進化の歴史という裏づけがある」…。

陽平:なんか力が入っているね。いままで生物学では「攻撃」とか「縄張り」が注目されやすかったようなんだ。それから、ダーウィンの生存競争のイメージが、政治や経済を語るときのメタファーになってきたから、その反対の「共感」について語ることは大きな価値があると言っているんだろうね。

風子:たとえばどこが面白いの?

陽平:カナダのマルギ大学の「痛みの実験室」の責任者ジェフり・モウギルという人が行ったマウスの実験のことなんだけど…。

風子:うん。

陽平:マウスは酢酸(さくさん)をからだに注入されると、「軽い腹痛」が起きるんだ。酢酸とは酢だよね。マウスはからだを伸ばす動きをして、不快感をしめす。

風子:へぇ。

陽平:マウスを二匹ずつ、お互いが見えるようなガラス管に入れて、水で薄めた酢酸をマウスに注入する。不快になってからだを伸ばす。苦しんでいるんだね。ところが、自分から見える相棒が同じように苦しんでいると、そうでない場合よりよけいにからだを伸ばした。つまり、仲間が苦しんでいるところを見ると、自分の苦しみが倍加したということなんだ。

風子:マウスの「共感」を証明したということなのかしら。

陽平:ところがそれから先があるんだ。この「本能的な共感」は、同じゲージで飼われているマウスでないと起きない。

風子:…。

陽平:見知らぬマウスで、しかもそれがオスどうしの場合だと、反共感的な反応にすらなったんだ。どんな反応かは書かれていないけど、攻撃的な反応に近いものらしい。オスは互いに潜在的に敵対性が高いから、敵になりうる相手が苦しんでいても同情はしないということなんだ。(『共感の――』P104-106)

風子:オスってしょうがないわね! でも、オスとメス、知っているか知らないか、で共感が違うというわけ?

陽平:そうなんだ。共感と共感を抑える働きが同時に働いているらしい、というのがポイントだとぼくは思うんだ。ここがとても面白いと思うよ。共感というと、自分の中で起きるという自己完結的なイメージ、あるいは知的な作業という感じがするよね。でも、もっと「本能的」な働きなんだから…自動的に相手の身体の状況を自分のものにする、あるいはそのプロセスを遮断する働きがあるという感じなのかな…。

風子:共感を抑える?遮断?ねぇ…。

陽平:ぼくらは自然に知らないうちに呼吸をしている。不随意運動だよね。でも、何か緊張したときには息をこらす。ちょっと息を止めるかもしれない。そんなふうに「本能的な共感」は、自然に作動したり、停止したりして働いているのかもしれないということなんだ。

風子:そのたとえなら少しわかるわ。雨が降らないので花壇が乾いてしまって、水をまかなくっちゃとか、夜間ちょっと遅い時間の電話でも、きっと何か言いたいことがあるかもしれないと思って受話器をとるのは、からだがそういうふうに動くのよね。あなたのように、何々すべきとか、すべきじゃないとか考えて、それで動くわけじゃないの。そういう意味では、呼吸に近いと思うわ。

陽平:まあ、まあ…。マウスのオスのようなオス性が、ぼくにもあるということなんだよね。

風子:理屈っぽくて、支配的なのよね。

陽平:それで、これからが言いたいことの核心なんだけど、オスとメス、あるいは子供と大人など違うがあるにしても多かれ少なかれ、共感を抑えたり、遮断したりする働きがある。そう仮定して、そのうえで、ある人間のその働きが何かの理由によって、著しく低下してしまったらどうなるかということなんだ?

風子:そうねぇ…。すると、全世界が自分の親戚のように感じて、痛みや苦しみ、退屈や喜びが自分の中に入り込んでくるような感じになる…? ダイレクトに全世界が自分のなかに飛び込んでくる感じかしら?

陽平:そうなるよね。そうだと思うんだ。そしてそれは、統合失調症の症状に似ていると思わない?

風子:…自己と他者、他者と他者の境がなくなったような症状は、奔流のように共感があふれかえる世界…? そうねぇ。

陽平:よく、統合失調症には現実離れして理解しがたい症状があるといわれるけど、そうではなくて、その本人にとっては他者の苦悩や喜びを自分と同じように感じてしまう働きが過剰になってしまった、それがあふれてしまって、他者の苦しみや喜びを必要以上に受け入れてしまっているんじゃないかな。こんなふうに考えられるし、こっちのほうが実際に近い気がするんだ。それになんか人間的な気がするし…これは「共感的理解」?

風子:なるほど…。じゃあ、逆の場合は? 共感を抑える働きが過剰になりすぎたらどうなるの?

陽平:それが、「強欲」なんじゃないかな。以前、ある人が「ぼくは統合失調症なので強いことは言えませんが…」と発言したことがあって、そのフレーズがぼくの頭にずっと残っていたんだ。共感が浮遊し、いろいろなものがつながりすぎてしまっている世界にいれば、当然、強いことは言えない。そのことにパッと気がついたんだ。

風子:そうよねぇ。相手が悪くても自分のせいにしてしまう人が多いし…。

陽平:その逆に、共感を抑える力の強い人は、他者の痛みや苦しみを自分のなかに感じないから、強気になれる。け落として、勝ち抜いて、自分の欲望を突き詰める…強欲の始まりだよね。統合失調症って、その反対側にいるような気がする…。統合失調症の人に感じる魅力は、病的だけどどこか本質的な「やさしさ」にあるのかな。

風子:強欲、冷酷、自己中心的なシステムは、共感を遮断することから生まれたとすれば、他者から何かを奪い取るように働くのは自然よね。

陽平:うん、うん。

風子:では、ようはバランスという話になるのかしら?

陽平:つまらないかもしれないけど、そういうオチになるなあ…。

2011年8月23日

競争的民主主義を越えて

Filed under: つぶやき — toshio @ 4:29 PM
サラダで食べる

サラダで食べる

■ぼくらの“反乱”

 1969年の秋、高校三年生のとき、わが高校にも学生の反旗が翻った。生徒たちが“男子は丸坊主にすべし”という校則はおかしいと訴え始めたのだ。

 校舎の2階からは駿河湾が見える。3階に登れば打ち寄せる波まで見える。 保守的で、のんびりした校風だった。そのせいか、反旗といっても、「せめてスポーツ刈りを認めて」というささやかな要求だった。小旗サイズの反旗だ。

 体育館の2階の柔道場に、三年生だけ集められた。畳の上に座ったぼくらは自由に意見をいっていいと言われ、何人かが次々と手をあげる。当時、全国各地で学生運動が展開されていて、首都圏では高校や中学でも学内闘争が起きていた。そんな社会背景があったから、この話し合いの場は生徒を分断し、不満をそらす、露骨な「ガス抜き」でしかない。当時、そんな「大人の手法」はわからなかったから、ぼくも一生懸命発言した。

 発言を終えたぼくは興奮の冷めないまま腰を下ろそうとする。隣にいた同級生が上目づかいで小さな声でいった。「根本君、卒業すれば好きなだけ髪を伸ばせるんだから、今は勉強した方がいいよ」。手に豆単(英語の単語が載っている小さな本)をもって、彼はそう言って、ニヤッと笑った。ぼくは腰を下ろした。興奮は冷めていた。

 そんな考え方もできるんだとぼくはびっくり。強制的な校則の存在に憤っていたのはぼく。彼は、自分の個人生活のレベルにおいて話し合うメリットはまったくない、と言っていた。確かに、2,3カ月もして、年末になれば、三年生は学校に通学しなくなる。話し合いがどうであろうと髪を伸ばせる日はぼくたちのすぐ近くにあった。

 彼はぼくの論点をずらした。だけど、その時は、何が起きたのかわからず、彼の言い分もわかるので言い返せなかった。その後、校則は改善された。ぼくらの「髪の毛革命」だった。

■競争的民主主義

 彼の意見には、いろいろなものがひそんでいたと思う。道徳的な観点、価値観などは取り扱わず、自己の利害を優先させるという考え方。それから、考え方が違うのだから発言する必要もないという姿勢。これは、自分の利益によって、話し合いの場の取り扱い方も決める、ということになる。

 話し合うということは、「公共の広場」の多くの人の前で自分の意見を表明し、市民の「法廷」によって判断されること、と考える人もいる。たぶん、ぼくはそう考えていたと思う。

 ところが、話し合うといっても、世界は株式市場のようにいろいろな損得が絡み合うのだから、機を見て売り買いし、利益を獲得することを優先すべきで、道徳的価値観をくどくど語ることには意味がない、と考える人もいる。

 後者の考えがいいとか悪いとか検討される以前に、似たような話を次第にあちらこちらで目にするようになった。さらに、この10年ほどはすごい勢いで増殖し、それが普通になった(と思う)。前者は、いまや「暑苦し」かったり、「うざ」かったりと受けとめられる。そういう風潮もわかるけど、それだけでいいのだろうか? とぼくは思う。

 スタンフォード大学の政治学者ジェイムス・S・フィシュキンは、この間、政治制度を開放し、民意を問う機会を増やしたことが、逆に政治のゲーム化を促進してしまったことを指摘する。

 「国政をより多くの人々の政治参加に開放するプロセスそのものが、ほかの人は黙っている一方で、大声を上げる人々に力を与えてしまった…議論は、すでに確信している人物が他者を説得しようと発するメッセージのやり取りが基本形になってしまった」(『人々の声が響きあうとき』、2010年、邦訳2011年、岩木貴子訳、早川書房、P85-86)

 民主主義の市場化は、不道徳な面も引きおこしている。自己利益のため、あるいは自分が攻撃される前に、まず他者を攻撃する(…有能なアメリカの弁護士のように)。主張の内容が妥当かではなく、効果を第一に考える(…活発なロビースト)。エスカレートすれば、なりすましなどのかく乱、不法な情報収集(…スパイ活動のように)、脅迫じみたメッセージ(…それは非合法)。

 これで、いいわけない。

 ■道徳から逃げない

 ジェイムス・S・フィシュキンの本を読んで、競争的民主主義という言葉を知った。不道徳な事態を引き起こしかねない考え方のようだ。少なくとも、競争的民主主義の立場を取る人は、政治的決定において道徳や価値を問うことは時間の無駄と考えている。

 フィシュキンは、競争的民主主義などの考え方を越えた熟議民主主義を提唱する。そして、集団の政治的意思を決定するため、情報にもとづく同意(インフォームド・コンセント)が得られる見解に達するための、5つの必要条件をあげている。(『人々の声―』P60などから作成)

  (1) 十分な情報――争点に関係すると思われる十分に正確な情報が与えられているか。(情報を操作しない。争点を隠さない)

  (2) バランスが取れた論点整理――ある意見に対して、それに反対の意見も表現され、検討されるか。(後出しジャンケンはしない)

  (3) 多様性を大切にする――世間に存在している多様な意見・立場が表現される。(自分が望む結果に意見を収斂させようとしない)

  (4) 誠実性――異なる意見に対しても真摯に吟味する。(不道徳な意図をもたない)

  (5) 平等な決定――誰が発言したかではなく、その論点・意見そのものについて判断を下す。(決定に際して自己の利益を脇における)

 この5つは真剣に検討されるべきだ。

 人類は多くの束縛から自由になろうとしてきた。そして、いまや道徳や価値がもつ束縛からも逃れようとしている。しかし、それでは“自由”の基盤を損なうことになる。

 「庭」に大きな庭石を置くことで、生き生きした空間を創りだすように、私たちは語りあいの「空間」に確かな束縛(=生き生きしたものを生み出すための束縛)を据えなければならない。そのための自由と想像力が必要であり、5つの項目は政治的決定の場面だけではなく、日常場面で展開されるべきだ。それを実践するなかで、わたしたちは確かなものを見通す力を得、歩むべき方向が明らかになる、ぼくにはそう思える。

 あの時豆単を手にしていた彼は、口の悪さに生き方まであわせられない不器用な人間だった。いまはどのような土地で、どのような暮らし方をしているのだろう。

2011年8月15日

ナスの天ぷら

Filed under: つぶやき — toshio @ 5:51 PM
「ナスの天ぷら」の完成

「ナスの天ぷら」の完成

 子どもの頃、ぼくの家で「ナスの天ぷら」と呼んでいた料理があった。

 ナスの天ぷらを揚げる。その一方でドレッシングのような漬け汁をつくる。トマト、にんにく、唐辛子を、熱したサラダ油で通して、酢、塩、コショウで味付ける。ここに、ナスの天ぷらを漬け込む。作ったその日もおいしいが、翌日がいちばんおいしいと思う。

  子どものぼくは食が細く、偏食だった。トマト、ピーマン、たまねぎ…このへんは大嫌い。かぼちゃの柔らかいところ、白菜の漬物の先は、まあ食べる。ナスは味噌汁に入っているときだけ食べた。イモ類は好きだったと思う。こんな状態だから、当然、「ナスの天ぷら」は食べない。天ぷらを揚げ終わった残りの粉で、衣だけの天ぷらを揚げてもらうとそれだけ食べた。

 両親や兄姉たちは、ブラジルで暮らしていたので、いくつかの外国料理が家庭料理だった。「ナスの天ぷら」は近所のイタリア人から教えてもらったと言っていた。だから、イタリア料理なのかもしれないが、よくわからない。

 ぼく以外の家族はみなこれが好きだったから、夏になると「ナスの天ぷら」が食卓に出た。たくさん作って、次の日になると減っていく。ぼくにとっては気味の悪いものでしかなかった。

  あの赤い丸まったものは何だろう?(「トマトの皮」)、表面に浮いている丸いのはなんだろう?(「サラダ油」)…あまり見ないようにして、何か他のものを食べようっと!

 もっとよくわからないのは、ぼくがなぜこの「ナスの天ぷら」を好きになったかだ。

 まったく口にしていなかったのに、23歳のときになぜか、突然、食べたくなった。トマト、唐辛子、ナスの天ぷら、酢、この組み合わせが、うまそうだと思ったからかもしれない。たまらなく食べたくなって、いても立ってもいられない。

  母に電話をして作り方を教わる。こんなことはあとにも先にもこれが1度きりだった。電話でレシピを伝えたことがない母は、大匙も、カップも、ごちゃ混ぜ。真面目に教わったとおりに作ったので、食べられたものではないものができた。

 帰郷したときに、母に作ってもらい、作り方を見た。味を覚え、大体の分量もわかるようになった。 「ナスの天ぷら」はそれで育った「お袋の味」ではない。でも、それに近い「何か」だ。

 

畑の作物、雨が少なかった

畑の作物、雨が少なかった

 

この夏、関東地方にいいる若い女性の友人から、「あのナスの天ぷらの作り方を教えて」と頼まれた。そこで、電話で教えようとした母のように、今度はぼくがその若い人に教えることにした。

 でも、いつも適当に分量を入れているので、きちんとしたレシピにはならない。不思議なことに、電話で困っていたあの時の母は、いまのぼくと同じ59歳。分量を言葉で伝えられないのも同じ。ただ、現代は画像を添付できるインターネットがある。

 

  

 

カリッと揚げます

カリッと揚げます

 

ナスの天ぷらを揚げます。今回は6本くらい。4人分程度。(3本は切ってみたらダメだった)

縦に切ったほうが、食べやすいと思います。

  

 

 

 

準備

準備

 

 揚げた油の残り…たぶんカップ1くらい。

 トマト2こをザク切り。にんにく2かけ。唐辛子3本。

  

 

 

 

 

ゆっくり火を通す

ゆっくり火を通す

 

 先ににんにく、唐辛子を油に、香りが移ったら、トマトを入れて火を通す。

 唐辛子をずっと入れっぱなしだと辛くなりすぎるかも。

 

 

 

 

こんな感じになったら

こんな感じになったら

 

 トマトの形がなくなったら火を止めます。塩、コショウ、そして冷やしてから酢。

 この分量が適当です。たぶん、油の半分くらいの量の酢ではないでしょうか。ドレッシングが1:2のわりあいなので…。なめてみて、ピッりっとするくらいがいいと思います。

 さらに漬け汁を冷やして、器にナスと漬け汁を交互に入れます。そして完成です。

 なんとか、レシピ?が伝わったでしょうか??冷蔵庫で冷やしておいて、食べてもおいしいです。どうぞ、召し上がれ!

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏

 

地にひまわり空に白雲たんねんに生きよ生きよと八月の来る   佐々木克子

 

 95年8月の朝日歌壇の歌です。戦後50年のこの頃、まだ戦争の影は街のそこここありました。「たんねんに生きよ」とはいい言葉です。反戦を願い、日常を生きる、地に足をつけた姿勢が感じられます。2011年の今日、あらためて、問いかけたい言葉です。

Powered by WordPress