なんとなくサンネット日記

2011年6月25日

遊ぶアリ、だましアリ

Filed under: つぶやき — toshio @ 2:32 PM
夏が近づく

夏が近づく

 イソップ物語の「アリとキリギリス」。アリは働き者のシンボルです。

 だけど、サンネットの仲間に「働かないアリ」こだわってきた人がいます。

 それは、狭間英行さん。

 彼は6年前から折にふれ、このテーマをめぐって、発言を繰り返していました。

 「浦河べてるの家」関係の本で、「働かないアリ」の役割を知っていたからです。

 彼のテーマは、競いあわない、助け合う、毎日が楽しい暮らしをめざそう、です。

 否定形の「働かないアリ」という言葉が、どこかぴんと来なかったそうです。それで、最近は「遊ぶアリ」という言葉をあみだして、使っています。

 遊ぶアリ…不思議な言葉だなあと私は思いました。でも、それはアリ社会の実態に近いようです。

 『働かないアリに意義がある』(長谷川英祐、メディアファクトリー新書、2010年)という本を読みました。本の帯のコピーにはこうあります。

 「7割は休んでいて、1割は一生働かない」「巣から追い出されるハチ、敵前逃亡する兵隊アリなど『ダメな虫』がもたらす意外な効果」。会社社会を見直したいという人に、読まれているそうです。

 中身には、次のことが書かれていました。

 アリの巣(コロニー)のなかを、ある瞬間、観察すると(どうするのかわかりませんが)、だいたい7割くらいのアリは何もしていない。

 シワクシケアリを1ヶ月観察しても、アリの2割は働いているとはいえない。トゲオオハリアリの一生を観察するとずっと働いていないアリがいる…。「働き度、働き始める程度」にかなりの個体差があるということです。まめなアリ、鈍感なアリ、中程度のアリ…というふうに。

 なぜ働き方に個体差があるのでしょう。たとえばこのようなことがあるというのです。

 ハチにとって、巣が暑くなることはよくありません。暑くなりすぎると幼虫が死んでしまうからです。そこで、冷やすため、ハチは羽を振って巣の中に風を送ります。このようなとき、個体差があることが役立っているのです。もし個体差がなければ、一気に全部のハチが行動してしまいます。そして全部が一度に疲れてしまいます。効率的ではありません。

 個体差があるから、やや暑いときに敏感なハチから羽を震わせ、もっと暑くなれば鈍感ハチも応援に駆けつける。このような方法で、外界の刺激(気温の高まり)にたいして、総体としての行動程度を決定し、タイムリーな対応をとっているのです。 

 アリがエサをみつけて、巣まで運びます。往復するうちにルートが決まります。でも、決まったものが最短とは限りません。U字型になっているかもしれません。上から見れば迂遠なルートです。

 コースを律義になぞるアリばかりであれば、コースは変更されません。しかし、うっかり間違えて、横道に入ってしまうアリがいるから、たまたまU字型を横切り、最短コースを見つけるかもしれないのです。

 「働かないアリ」は、リリーフ要員であり、危機に対応し、創作活動も行っているのです。「働かないアリ」という言い方は実際よりも消極的すぎて、狭間さんのいうとおり「遊ぶアリ」という表現のほうがぴったりなのでしょう。

 社会性昆虫のアリは利他的で、自分たちの社会が存続・維持するように行動しています。「働かないアリ」や「遊ぶアリ」は、目の前の効率だけを考えると怠けているようですが、長期的に考えればとても意義があるのですね。

 その一方、どのような社会にも、自分が所属する社会に貢献することから目をそらし、タダ乗りする輩がいます。

 アミメアリには女王アリはいません。すべてのアリが交尾なしで娘を生産し、コロニーを維持しています。アミメアリは複眼しかなく、単眼はないのですが、単眼があってやや体の大きなアミメアリがいます。調べてみると複眼型と単眼型には遺伝的な違いがあるのです。単眼型はコロニー全体の利益になることは一切せず、ひたすら自分の子どもだけを生産します。

 複眼型アミメアリは、単眼型が仲間だと思い、コロニーで生活を共にします。複眼型はコロニーを維持する仕事をし、卵の世話をしますが、単眼アミメアリは自分の卵をたくさん生むだけです。

 「単眼型の正体は社会が維持されてきたところに現れた利己的な裏切り者だと判断できます。生物学上、こうしたコロニ―内の裏切り者は英語の『だます(cheat)者』の意から「チーター」と呼ばれます」(p116)

 このようなチーターは社会があればどこにも現れるもので、なんと粘菌にすらあるそうです。 

 騙し、出し抜いて、タダ乗りする裏切り者…こういう存在は、精神性の問題ではなくて、えらく原始的な必然性から生まれているのでしょう。

 「働かないアリ」「遊ぶアリ」は働かないように見えるけど、長期的な視野に立った忠誠心があるのです。チーターはたくさん卵を産むので一見、働き者のように見えるかもしれないけど、コロニーに忠誠は誓わない、裏切り者なのです…。なにか、どこにもありそうな話です。

 いよいよ遊ぶアリには大きな意義がありますね、狭間さん!

2011年6月18日

脱イベント化と日常性の回復

Filed under: つぶやき — toshio @ 2:49 PM
青い森公園は家族連れ

青い森公園は家族連れ

 マグデブル・シュテンダール大学教授ライムント・ゲーネ氏の論文、『フランクフルトとドイツにおけるセルフヘルプ支援―歴史と展望』(2010年)が、大阪セルフヘルプ支援センターのHPに掲載されました。大阪商業大学の豊山宗洋氏が訳しています。

 セルフヘルプ活動を、市民活動の一つ(論文では「市民イニシアティブ運動」と表記)ととらえ、ビスマルクの時代から解きほぐしています。

 セルフヘルプ活動をとらえる、ゲーネ氏の視界の広さ、深さに感心しています。

 氏はセルフヘルプ活動が直面している現代的課題として(おそらく最近20年ほどを概括しつつ)、3つをあげていました。(P8-9)

 一つは、イベント化、単発化といわれる参加型文化が、人々のプロジェクトを持続しようという気風をそこなっているということ。

 二つ目は、情報の氾濫、情報への消費者的態度について。ネット文化が、人間どうしで作り上げる情報を軽視させ、人間関係そのものを軽視させていること。

 三つめは、専門職化指向の流れが、多様な人をそれぞれの枠組に分断し、分節化している。そのため、多様性を受けとめようとするアプローチが発展しにくい。

 市民イニシアティブ、セルフヘルプ活動は、行政権力と協働し、対立し、横断し、並行する運動ですが、既存の情報や知的枠組みや組織だけに依存しているわけではありません。こういった活動は、独自の活動を通じて情報と知識を集積していくのです。

 独自性を創造しようというベクトルと、時代的な三つの課題が衝突しているというのです。三つの課題はいずれも個々人をバラバラにする働きがあり、グループで活動しようというとき、根底でその営みを困難なものにしているのです。

 ここの指摘はたいへん興味深いのですが、それだけに、ていねいに吟味していく必要があるでしょう。

 とりあえず、この論文を読んだ大雑把な受けとめですが、これからのセルフヘルプ活動において、次のようなことがキーワードになるのでは…というアイディアが浮かんできます。

 それは、たとえば、コミュニティ、主観的で固有な情報、シンボル、多様性と日常性…などなど。

 20年弱にわたり私たちはインターネット文化の奔流を経験しました。この流れを越えた地点において、市民イニシアティブ運動、セルフヘルプ支援が再び興るのでしょう。

 私たちはいま渡るべき橋を探しているのかもしれません。まさに、それは、明日に架ける橋でしょうか? http://www.sun-inet.or.jp/~selfhelp/osaka/Geene2010PDF.pdf

 

 さて、その反対のこと。『ウィキリークスの内幕』(ダニエル・ドムシャィト‐ベルク、2011、赤根洋子・森内薫訳、文藝春秋)が気になっています。著者は告発サイト「ウィキリークス」の元№2のドイツ人。2007年から2010年秋までウィキリークスの活動をしていたのですが、いまはたもとを分かちました。

 この本を読むと、№1のジュリアン・アサンジと彼の関係は、信頼とか友情とか日常を共有するといったことと全く別の、きわめて特殊な関係空間だったことがわかります。(「内幕」というだけあって、なるほどというエピソード、細かな人物描写など、読みごたえはあります)

 彼らの目的――企業や国家が情報を独占すれば、正しい情報にもとづき正しい決断を行おうとする権利が侵される。だから内部告発が安全に行われなければならない――は共有していました。しかし、そのような信念で活動する彼らの個人生活は謎に満ち、透明な組織にはなりえませんでした。

 グループには法律担当部や諮問委員会がある、と表明していたのですが、それらしいものはほとんど存在していませんでした。「(2008年頃は)二人の大ボラ吹きの若造がたった1台の時代遅れのサーバーを使ってウィキリークスを運営してい」(p32)た状態だったのです。

 「ウィキリークスの内幕について世間に嘘をついてきたことは、むろん長いこと心に引っかかっていた」(p242)と彼は言うのです。

 二人の不思議な人間関係は、いったんは自分たちのウソをうまくかかえ込んで、大きな仕事をはたしていくのですが、やがては自分たち自身がリーク(内部告発)をかかえることになりました。それは自然なことです。

 ウィキリークスは、これからも(HPを閉鎖しなければ)国家や企業に大きなダメージを与え、公開された情報が市民活動の武器になるでしょう。しかし、彼らがもたらす情報は、市民イニシアティブ運動の中身――創造的な活動――に直接寄与できる情報ではありません。ですから、私たちの未来は、異質な二つの情報世界の境目のどこかで、光と水が注がれるのを待ちながら、折りたたまれ、静かに埋もれているのかもしれません。

 ゲーネ氏のいうとおり、確かにインターネット文化にはいくつかの本質的な問題がありますし、その延長上に市民イニシアティブ運動、セルフヘルプ支援が位置づくことはほとんどありえない、私もそのように思うのです。私たちが目を向けなければならないのは、別のところなのでしょう。 

2011年6月4日

人間の地動説

Filed under: つぶやき — toshio @ 3:43 PM
ねぶたん号が走る

ねぶたん号が走る

 NPO法人「場の研究所」を主宰している清水博さんは、「生きている」から「生きていく」ことへの転換について語ります。清水さんのいう「生きている」とは、命と環境を維持するための諸々の行為のことです。

 「生きていく」とは、予測できなかった偶然、降ってわいたできごとに対して、解決策を教わるのではなく、自分自身で工夫して、立ち向かうことです。

 清水博さんは1932年生まれの薬学博士。東京大学名誉教授です。(『哲学塾』、講和清水博、対談清水博×清水義晴、2011年、博進堂)

 ――便利になることは、生きていることが便利になることなんです。生きていくことが便利になることはないんですよ。生きていることをどんどん便利にしていくと、生きていくということを見失っていくということが起きているんじゃないかと思います。ここに非常に大きい問題がある、そう思いますね。(p16)――

 金に執着し、情報に耽溺し、周囲の人間を出し抜くための策略をめぐらし、その結果、多くの人に影響を与え、豊かな物に囲まれた暮らしができている…としても、清水さんは、「それは生きていくということではなく、ただ生きているにすぎませんよ」というかもしれません。

 わずかな荷物をもって旅を続けた松尾芭蕉の生き方のほうが、生きていくスタイルではないですか、とも話されるかも。(そういえば、小田実に「場と現場」という議論があったけど、それに似ているなあと思います)

 現代社会は、「生きている」ことと「生きていく」ことが別々になって、「生きている」ことが着目され、「生きていく」ことのだいじさは伝えにくくなってしまいました。その伝わりにくさの原因を説明するため、清水さんは人間の天動説、地動説のたとえ話をします。

 ――天文学の天動説とは地球を固定して地球のことは見ない。地球以外の星が宇宙という球形をした天蓋に張り付いていると考えるわけですね。その宇宙が大地の周りを回っている。大地は不動でどっしりと安定しているために、その上で生活している自分を中心にして周囲に宇宙を見ている。だから宇宙と自分との関係も離れている。切れているわけです。

 ――こういう考えは間違っていて、自分が生きている地球も宇宙空間に浮かんでいる天体の一つだと考える地動説が本当は正しいのです。…いったん地動説がわかると天動説はこういう見方をした場合に生まれるんだよと説明できるわけですね。しかしその逆に天動説から地動説は説明できないんですよ。なぜかというと、天動説では宇宙空間というものがあるということを考えていないからです。(p18-19)――

 「生きている」に充足し、金や物や情報や他人について考えを巡らせることは、自分が世界の中心にいて、自分から離れたモノを眺める。自分を振り返ることはしません…それはちょうど天動説の世界観。

 「生きていく」世界では、自分は世界のごく一部でしかないけど、他の人や環境との網関係し合いながら、運動しています。相互に働きかけあい、変化しています。ですから、自分抜きに他の物を語ることはできません。

 「生きていく」世界=地動説にいる人にとって、「生きている」=天動説の人がなぜそう考えるか理解できます。でも、その逆はなりたちません。地動説は、自分をふくみこんだ宇宙空間の次元を付け加えているからです。ここが、なるほどなあ、と私には思えるのです。

 じゃあ、どうしたら天動説から地動説にジャンプできるか、ということになるのですが、それが「哲学」だと言うのです。

 ――哲学はよく誤解されることがあるんですが、知識じゃないんですよ。知識という形にならないことが哲学ではないかと思います。哲学や思想は文章で書くことはできますよ。だけど書かれたものではないんですよ。書かれたものを通して表現しようとしているものが哲学であって、言ってみれば生命のあり方ですよね。だからそれも生きていくことなんですね。(p51)――

 ひょっとすると、私たちはまだ人間に関しては天動説の世界、未開社会にいるのかもしれない、と思うのです。むしろ金や情報の氾濫で、天動説的な見方が強まっているため、生きていく感覚、張り合い、大きな支えを失っているのかもしれません。そこが大きな課題なのでしょう。

Powered by WordPress