なんとなくサンネット日記

2011年3月31日

物語の解体――ウィキリークス

Filed under: つぶやき — toshio @ 8:14 PM
ベンチが現れた

野球場の近く

福島第1原発とウィキリークス

最近、テレビやラジオのニュースのトップは福島第1原発のことです。

日本の原発にまつわる、あるニュースが、地震が起きて1週間もしない時期、中国・イギリスの新聞経由で、日本に伝わりました。情報元はウェブサイトです。

――国際原子力機関(IAEA)当局者は、2008年12月に行われた主要国(G8)の原子力保障会議で、日本に巨大地震が起こった場合、日本の原発は持ちこたえられないだろうと警告していた――という記事でした。

内部告発サイト「ウィキリークス」が3月15日に公表したものです。地震からわずか4日後です。福島第1原発事故が海外に報道され、その直後、ウィキリークスはもっている大量の機密文書のなかから検索し、タイムリーに公表したのでしょう。

さらにウィキリークスが別の時期に公表した資料にはこのようなものもあります。

2009年12月、ウィーンの米国大使館がワシントンに送った公電は、国際原子力機関(IAEA:本部はウィーン)事務次長の谷口富裕氏は「日本の安全対策に対決するという点において、非力なマネージャーだった」と述べました。ウィーンの米国大使は、彼の管理能力に疑問をもっていたのです。

おそらく、今後、ウィキリークスの資料(多くはアメリカの公電文書)は使いこなされ、それによって日本の原子力政策の基本を問う声が大きくなるのは避けられないでしょう。

情報暴動としてのウィキリークス

いまは大震災、原発事故、目前の危機や困窮に必死で取り組んでいるですが、この惨事を越え、やがて新たな歩みを始めるとき、いかなる想像力や知恵が必要になるのでしょう。それが、いま求められていることだと思うのです。今と未来をつなぐ糸、それは人の生きる意味を求める営みなのかもしれません。

ウィキリークスがもたらす情報は、再建の時期、世論に影響を与え、新たな視点の構築に大きな役割をなたすでしょう。しかし、ウィキリークスを越えるものがなければ、新しい社会という枠ができても、魂の入らない空っぽな社会になるのでは…、そういう危惧が私にあります。

昨年、ウィキリークスは大量のアメリカの機密文書(公電文書など)を公開しました。公開された情報のなかに、チュニジアのベンアリ政権の腐敗ぶりを伝えるものもあったのです。それがジャスミン革命に大きな影響を与えました。

ウィキリークスの創始者「ジュリアン・アサンジ」は一躍、時の人になりました。ジュリアン・アサンジ、彼は1971年生まれのオーストラリア人で、元天才ハッカー、セキュリティ・プログラマー、サイバー政治活動家です。

作家吉岡忍の『ウィキリークス アサンジの戦争』(ガーディアン特命取材チーム、デヴィッド・リー&ルーク・ハーディング、2011年、訳者月沢李歌子・島田楓子、講談社)の書評に、興味深く、微妙な表現がありました。

――何より私が重要と思うのは、権力と情報の関係である。しばしば権力は物語から生まれる、と言われる。…その舞台裏が欲望と嫉妬、野心と陰謀と醜聞にまみれているのをウィキリークスは明かす。情報が国家という物語を解体する光景を、いま私たちは見ているのかもしれない。――(東奥日報2011.3.27)

権力の解体の光景の後には、その根っこにあるより普遍的な物語が解体されていく光景が続くのかもしれません。あるいは同時かもしれません…。彼の表現にはある戸惑いが含まれているようです。新たな社会をつくろうという時、権力を、物語を、解体する力だけでは、十分ではありません。それとはまったく別の力が必要になるはずです。私にはそう思えるのです。

ハッカー文化

ウィキリークスが獲得した機密文書は、当時22歳のブラッドリー・マニング陸軍上等兵が提供しました。マニングにとって一種避難所であったPC。一台のPCがアメリカという巨大国家の深部に静かに入り込み、史上最大のデータ窃盗を行ったのです。

データはマニングからアサンジに渡ると、資料価値のあまりの重大さに、アサンジは多国籍の既存メディアと協力しつつ公表することを決めたのです。アメリカの法的・直接的な反撃を恐れたからです。

そして、最初にアサンジとイギリスの新聞「ガーディアン」とが作戦会議をしました。新聞記者は編集の必要性を主張しました。アサンジはすべての資料を編集せず、できる限りそのまま同時に公開することを望み、両者は長い討論を重ねました。

――多くの記録には情報提供者の名前や米軍に協力する人物の情報が書かれていた。内紛状態にある現在のアフガンの政局下では、これらの人々に危険が及ぶ可能性がある…身元が判明したとたん、殺されるかもしれない(だから編集が必要なのだが)…肝心のジュリアンは気にもとめていないようだった。…彼の返事には耳を疑ったよ。「だって、情報屋なんだよ。殺されたとしても、いずれそうなるとわかっていたはずさ。当然のことじゃないか」…その瞬間テーブルは静まり返った――(『ウィキリークス アサンジの戦争』p148)

「アサンジはアナーキストの国家軽視と、スターリン主義者の非情さを持っている」とドイツ人記者は書いています。(『全貌ウィキリークス』、マルセル・ローゼンバッハ&ホルガー・シュタルク、2011年、訳者赤坂桃子・猪股和夫・福原美穂子、早川書房、p127)

アサンジの「非情さ」は、彼個人の資質にだけ由来しているのでなく、背景には、情報は自由であるべき、できるだけ生のまま公表されるべきというハッカー文化があります。サイバースペース独特の倫理観、逆転しているかに見える情報と個人の関係、そういったものがあるのです。

1980年代末から1990年代に生まれたサイバースペース。そこに参入した人々は、かつての新大陸にやってきた侵略者や開拓者のようでした。アサンジはその第1世代。しかし、熱意があるけど無法で野蛮な開拓時代は、終了したほうがいいでしょう。

災害を受けた土地と傷ついた人々が回復する。優しい価値が次々と生まれるサイバースペースに創りなおされる。この両方の営みが、同時に求められている…そんな気がしてならないのです。

2011年3月21日

想像して手を携える

Filed under: 未分類 — toshio @ 3:41 PM
彼岸の空

大震災から11日

東奥日報にのったエッセイや記事です。

■ 12日、青森市本町4丁目の吉田幸子さん(77)は、ラジオで地震情報を聴きながら1時間おきに仮眠したほか、朝はガスで炊いたご飯でおにぎりを作り、様子を見に来た息子に分け与えるほどの余裕ぶり。吉田さんは「戦時を経験したので、いざというときの備えができていた」と話した。(3月13日付東奥日報)

■ 古川日出男(66年、郡山市出身、作家)

(テレビから流れる映像に)知っている地名があまりに多いことに動揺したし、それは単純に福島県内に限らなかった。たとえば宮古も久慈も八戸も…視覚的な記憶すら持っている町並みもあった。いいや、なかった。そうした町並みがなかった。そんなふうに「あった」ことがのみ込まれてしまうなど、誰が想像しえただろう?いま現在も事態は推移し続けていて、僕はこう思う。それでも、違う形で想像するしかない。想像力を善きことに使うしかない…われわれはつながっていると信じて、想像して、手を携えること。それは目に見えない手かもしれない。しかし握り合えるのだ。(17日付東奥日報)

■ 辺見庸(44年、石巻市出身、作家)

(大震災後の人間社会は)人として生きるための論理の根源を問われるだろう。逆にいえば、非倫理的な実相が意外にもむきだされるかもしれない。つまり、愛や誠実、やさしさ、勇気といった、いまあるべき徳目の真価が問われている…非常事態下、絶対的困窮下で、愛や誠実の実現がはたして可能なのか。家もない、食料もない、ただふるえるばかりの被災者の群れ、貧者と弱者たちに、みずからのものをわけあたえ、ともに生きることができるのか。すべての職業人がやるべき仕事を誠実に追及できるのか。日常の崩壊とどうじにつきつけられている問いとは、そうしたモラルの根っこにかかわることだろう。(18日東奥日報)

■ 天野秀昭(58年、東京生まれ、NPO日本冒険遊び場づくり協会副代表)

(阪神淡路大震災の支援の経験から、遊び場での)遊びは、子どもが自身に降りかかった出来事を、何とか受け入れ、乗り越えようとしている表れなのである。遊びは、決して単なる暇つぶしではない。被災した子どもは、自分で何とかそれを乗り越えなくてはならない、走り回り発散する。友達と話し込む。時には痛手を負った出来事を遊びに変えて受け入れようとする…仙台市の「海岸公園冒険広場」「西公園プレーパーク」。どちらも僕と同じ願いを持つ仲間の活動の場だ。そこが、壊滅的な被害を受けた。けれど、3月13日、ようやく元気な声を聞くことができた。「子どもの復興」の始まりだ。…「子どもが元気でいれば、みんな元気でいられる」(19日付東奥日報)

■ (高速旅客フェリーナッチャンワールドで北海道からの支援物資が青森港に届いた。)岩手県の被災地に生活物資を運ぶという洞爺湖町のトラック運転手木谷和久さん(47)は「自分も有珠山の噴火で避難所生活の経験がある。なるべく早く届けてあげたい」と話した。(3月21日東奥日報)

2011年3月14日

東日本大震災 お見舞い申し上げます

Filed under: お知らせ — toshio @ 6:30 PM

東北地方太平洋沖地震で被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

震災報道で、親戚、友人、知人等がいる地名が報道されています。心配で電話やメールをしても通じません。テレビやラジオなどで想像を超えた状況が報道されるたび、胸が痛くなり、悲しみにおしつぶされそうになります。

しかし危機と苦難に直面しながら生き抜こうとしているたくさんの人たちがいます。県外や海外から駆けつけてくれる支援者がいます。そして、私たちはつながっているんだと気づかされます。

幸い青森市は地震による被害はほとんどありませんでした。サンネットに通うメンバー・職員に変わりはありません。ただ、スーパーやコンビニの食糧品は少なくなり、ガソリンもなかなか手に入らなくなりました。活動に制約が出てきました。しかし、なんとかサンネットの活動を維持しながら、地域で暮らす仲間・メンバーの拠点の役割を守っていこうと思っています。

北海道、東京、神奈川、名古屋、京都、大阪などの仲間から「青森は大丈夫ですか」と電話・メールをいただきました。ほんとうにありがとうございました。

やがてはじまる被害地の復興活動。そのとき私たちも微力ながら貢献できるよう、私たちの力をしっかり保っていきます。勇気や励ましは、ほんの小さな契機から生まれます。小さな力、ささやかな営みであっても、各地の仲間としっかり手を取り合っていけば、この大きな苦難をのりこえる大きな力になると信じています。

いまは、被災地で救いを待っている方々が、一人でも多く、一秒でもはやく救出されますよう心からお祈り申し上げます。

2011年3月12日

気前の良さをねたむの?

Filed under: つぶやき — toshio @ 4:38 PM
いろはのいから始めたいろは通り

春近し

ブドウ園をもっている主人がいました。その主人は、ブドウ園の仕事をしてもらおうと思い、日雇い労働者のような人を探しに、朝早く行きました。

その辺に仕事を求めている人がいたので一日1万円で働かないかと誘うと、何人かの労働者がそれに応じて、ブドウ園に働きにきました。

主人はお昼ごろに人を探しに出かけてみると、その日の仕事にあぶれた日雇い労働者がまだ残っていたので、遊んでいるならウチで働かないかと声をかけます。彼らもブドウ園にやってきました。

さらに、もうじき日没という頃にも、まだあぶれている人が多いので、主人は、また誘って自分のブドウ園で働かせました。

日没とともに仕事は終わり、そこで日当を払います。後から来た順に払います。最後にきて1時間くらいしか働いていない人に主人は1万円を渡しました。朝からきて働いた人たちは、ずっと長く働いたのだから、もっとたくさんもらえるかと期待しますが、彼らも1万円ずつしか支払われません。

長時間働いた人は抗議します。俺は一日じゅうずっと働いたのに、最後に少しだけ働いた人と同じ給料では納得できないといったのです。主人はこう答えます。

「初めから日当は1万円と言っただろう。俺はお前に嘘を言っているか?俺は約束通りの金額を支払っているのだから、お前に対して不当なことはしていない。だから文句を言うな。俺はやりたいようにやっているんだ。それとも、お前は俺の気前の良さをねたむのか。」

『「正義」を考える――生きづらさと向き合う社会学』(大澤真幸、NHK出版新書、2011年、p193-194,p260-262)の一文ですが、これは聖書「マタイによる福音書」からの引用です。ぼくはマタイによる福音書は読んだことはありません。しかし、このブドウ園の主人のセリフがたいへん気にいりました。いさぎよいではありませんか!

しかし、大澤さんが引用して、考えたかったことは、失業=奪われたもの(否定されたアイデンティティ)を通じて人と人が連帯する、という可能性についてです。

長時間働いた人は、たくさん働いた自分の努力、遅く来た人より誇ってよい実績、それを主人に訴えました。それは通常、よくあるアイデンティティです。彼らは、遅く来た人と自分たちを比較し、自分たちのよい特徴をアピールしました。

ところが主人はそのようなことにまったく関心がありません。地域社会から役割を奪われ、その日の実績すらない人々と彼らと同等に扱ったのです。社会の既存の価値にとらわれない視野を提示しようとしているのだと思います。

二千年も前に書かれた話が、「個人の選択と自由」の問題を越えようとする時にふたたびよみがえりました。努力や実績は、他人との比較のためにあるのではなく、自分の利益(主人からもらう日当)のためでもないのです。

そう考えると「個人の選択と自由」は、主人に文句を言う人々の論理と似ているのかもしれません。どこかにねたみを含んでいるのかもしれません。気をつけなければ!

Powered by WordPress