なんとなくサンネット日記

2010年1月27日

第三の道

Filed under: つぶやき — toshio @ 1:06 PM
今日の津軽海峡冬景色

今日の津軽海峡冬景色

 DPI日本会議副議長の楠敏雄氏が、「試されているのは我々の政策力・企画力」と題し、障がい者制度の「契約制度」について、基本的な疑問を投げかけた。
 氏は、契約制度は市場原理主義と同根であり、利用者負担の原理的な根拠になっていることを批判している。短い文章であり、論拠を十分展開したとはいえない。

 しかし、政権が交替し、政府において「障がい者制度改革」がスタートした今、しかも改革の道筋に大きな影響力があると見られるDPI日本会議の副議長の発言であり、注目しなければならない。
 措置制度でも契約制度でもない、第三の仕組みを氏は望む。この氏の指向に、私も深く共鳴する。しかし、第三の道がどのような道か不明瞭であるという。

 措置制度は、国に福祉の責務があるとしたはずなのに、悪用されれば、利用者の人としての権利を奪っていた。契約は、利用者個人の権利を保障したはずなのに、悪用されれば、「傲慢な消費者」を生み出した。

 措置制度も契約制度も、どちらも共通している面がある。それは基本的に「連帯」「協働」を必要としていないことだ。つまり、コミュニティを軽んじたシステムである。第三の仕組みがあるとすれば、それはコミュニティを重視する道になるのではないか、そう私は思うし、そこに注目している。

【以下楠氏の要旨】
 「(2009年10月30日の集会で、長妻厚生労働大臣が、障害者自立支援法の廃止の方針を言明したことによって)多くの障がい者団体が批判してきた『応益負担』がようやく見直されるようになった」
 (1990年代後半の福祉の基礎構造改革、2000年の介護保険法の成立にみられるように)「『措置から契約に』への制度移行によって、利用者負担の原理に根拠を与えることになり、私自身も含めほとんどの障がい者団体がそうした当然の帰結を見抜けず、見過ごしてきたことは否めない」
 (2003年の支援費制度)で強調された『個々の障がい者のニーズに応じたサービス提供』といううたい文句に、私も多くの仲間たちも多大な幻想を抱いたことは確かだった。…いまから思うと、あの支援費制度が実は『大きな甘い罠』だったように思えてならない」
 「この間の『契約制度』を基礎とした一連の政策が、市場原理主義と全く無縁な方向だ――とも、どうしても思えないのである」
 「民主党政権は『障害者自立支援法』にかわって、どのような法制度やサービスを作り出そうとしているのか。4年をかけて支援法の廃止や差別禁止法の制定、さらには『障がい者総合福祉法』の制定を目指すとされているが、それは旧来の法体系とどのように違うのか。あるいは『措置』でもない『契約』でもない第三の仕組みは、どのような理念とシステムを基本として作り上げていくのか、その根本問題に関する論及は、今なお非常に不十分なように思える。」
 「戦後60年近く続けられてきた官僚主導の『措置制度』を支持するものではないが、だからといって市場原理に道を開く『契約方式』を無条件に推進する立場にも立てない」
 「問題は、我々自らが、障がい者施策や福祉政策のあり方についてどんな内容を提起し、いかなる効果的な行動をとりうるのか、である。政府や政党に何を求めるかでなのではなく、我々自らが企画力と政策力をつけていくのかが試されているのだ」(人民新聞2010年1月15日号)

2010年1月23日

〈炭鉱労働者〉

Filed under: つぶやき — toshio @ 1:48 PM
炭鉱人形

炭鉱人形

■あけすけな人間関係
 「熱い人間関係」という題の記事が1月23日東奥日報に載った。鎌田慧のエッセイである。
 東京・目黒区美術館でひらかれていた「“文化”資源としての〈炭鉱〉展」での印象から、綴られる。会場に展示された炭鉱を描いた絵画、版画、彫刻、写真の作品群。

 「ともすれば悲惨の言葉で語られることの多かった炭鉱社会が、人知れずつくりだしていた文化に、懼(おそ)れのようなものを感じさせられた」という。

 鎌田は、炭鉱文化の細部に入る。坑内ではたらく女抗夫のこと、坑内での出産を描いた墨絵、炭鉱住宅の暮らしに思いをはせる。炭鉱の暮らしとそこにあったあけすけな人間関係。鎌田自身の内側にある親しみと懐かしさをそれらに重ねる。

 「(炭鉱は)おおらかな協働の場でもあった。炭鉱の復活は、もうありえないだろう。熟練と協働によって輝いている人間の集団労働は、いまでは屠場(とじょう)労働くらいか」。
 屠場労働について、ぼくは何も知らない。炭鉱労働の社会についてもごくわずかな知識しかない。しかし、「熟練と協働によって輝いている人間の集団労働」という言葉の重みはわかる。実感もある。
「たしかに炭鉱労働者も粗末にあつかわれていた。だが、仲間同士の思いやりと熱い連帯があった。そのほてりが、展覧会の会場にあった」。彼のエッセイはそう結ばれた。ずっと、労働と社会の問題を追ってきたルポライターの鎌田らしい、はたらき、暮らす人間への「熱い」想いをぼくは感じた。

 炭鉱では、あけすけで人間的な関係が、思いやりと熱い連帯を生み、熟練と協働という労働のあり方を支えたのだろうと思う。ぼくは炭鉱労働も炭鉱住宅の暮らしもわからないが、胸のうずきとともにそのような暮らしと仕事が想像できる。それはかつてあった時代の風、風が運ぶかすかな記憶が、ぼくをそのようにさせるのだろうと思う。(“文化”資源としての〈炭鉱〉展 http://www.mmat.jp/event/tanko/part1.html

■いい生まれだね
 1979年だったか、1980年だったか。ともかく12月14日。その人が「今日は赤穂浪士の討ち入りの日だ」と言ったから覚えている。ぼくは28,9歳。その人は50代だった。
 その人は九州の炭鉱労働者だった。肉体労働者らしく、分厚い掌だった。君の親や兄弟は何をしている?と彼は聞いた。両親も兄弟も工場で働いていました、と答えた。すると、「そうか、君はいい生まれだね」と言った。

 工場労働者の子どもであること、あまり豊かではない家庭であることに、ぼくはそれほどひけ目はなかった。しかし、「いい生まれ」という言葉がどこかうれしく、口の中で飴玉を転がすように、ぼくは頭の中でその言葉を転がした。

 その人はマルキストだと思う。労働者がよい階層というのは常套句だろうけど、鎌田がいう「思いやりと熱い連帯」を体現したような彼が、あたたかくそう語りかけてくれたのがうれしかった。
 写真の炭鉱人形はその人からいただいた。石炭でできていて、かつては玄関において、落盤事故などがないように、家族は人形に祈りをささげたという。

■熟練
 最近、何かと協働という言葉が使われる。しかし、「熟練と協働」という鎌田の言葉の組み合わせは、よく使われる協働とは違っている。面白い。

 かつての労働現場をイメージすればわかるが、人が熟練しなければ協働が成り立たず、協働がなければ人が熟練することが困難な仕事のありようがあった。熟練とは一人前になることであり、後輩を育てることであり、その部署の大切な一部になることだった。そして現場に協働が成り立った。

 ところが、私たちは、ロボットに、マニュアルに、フランチャイズに、ネットに、熟練というプロセスを明け渡してきた。そして、思いやりと熱い連帯は、熱帯雨林のようにその領域を小さくした。あけすけな人間関係などは絶滅危惧種のようなものだ。
 だからこそ、どんなに小さな仕事でも、どんなに小さな人間関係でも、「熟練」を実現することが、切実に望まれているのではないだろうか。熟練が、思いやりや連帯を開くキーになるかもしれない。

 たとえばサンネットの小さな仕事でも、そのなかに自分なりの熟練をつくりだすこと、それはとても普遍的なものであり、大切なことだろうと思えてくる。それは、おそらく、人が生きていくこと、それ自体に、自分の人生に「熟練」していくことが暗黙のうちに含まれているからだろう。

2010年1月18日

孤立した夢はない

Filed under: つぶやき — toshio @ 11:28 AM
ひいらぎの雪の回廊

ひいらぎの雪の回廊

 1月17日、NHK教育テレビ「日曜美術」で、『極限に見た生命(いのち)の美しさ―写真家 セバスチャン・サルガド』を見ました。2009年11月29日に放映された番組だったものを、1月10日にアンコール放送し、17日はさらにその再放送でした。知らないうちに、私はラストチャンスに間に合ったのでした。

 セバスチャン・サルガド(1944生)は70年代に写真家に転じ、アフリカの自然、干ばつ、働く姿、内戦、破壊…を撮り始めた人です。すさまじいシーンと神々しい風景が同居する彼の写真を見ながら、番組ははじまります。

 やがて、司会の姜尚中(カン サンジュン)が、来日していたサルガドにたずねました。
 「(悲惨な現実を前にしたとき)カメラを捨てたいと思ったことはありませんか?」
 「一度もありません」とサルガド。

 彼は、報道写真家ではないから、「どんな過酷な状況の中でも、生きようとする人間の尊厳を撮る」ためにその場に臨んでいるそうです。彼は望遠レンズも広角レンズも使いません。人々と何週間も行動をともにし、人々に近づき、その人々のなかにある「尊厳」をつかみます。

 残酷な世界と現実を前にしたとき、私たちは絶望します。あるいは個人世界に耽溺し、あるいは破壊的な行動に向かうかもしれません。あるいは無感動のままかもしれません。これらのどの道とも異なる道をサルガドは示します。

 彼は日本の若い写真家たちに「(写真の対象に)尊厳をもちなさい」と何度も繰り返していました。彼の言う「尊厳」とは、人類と世界への信頼、自分が世界に関与しているという実感、限界を見つめる勇気ではないか、私はそう思います。(日曜美術館のHP)http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/1129/index.html

■WORKERS(1994―1995写真展資料 サルガドのメッセージから)
 「人間の運命は、新しい世界を創造することであり、新たな生き方を見つけることであり、夢ではない限りすべての物事には限界が存在することを思い出すことである。こうすることで人間は適応し、抗い、信じ、そして生き残る。」

 「結局のところ、歴史は、挑戦と反復と忍耐の連鎖である。それは、抑圧と屈辱と災難の終わりのない循環である一方、人類が生き残る能力を指し示す大いなる遺言である。歴史において孤立した夢はない。なぜなら、人間はあとに続く次世代の生命のなかにその夢を育むからである。」

 思えば、60年代後半、科学への単純な信頼が失われました。90年代前半には、社会主義世界がなくなりました。理想主義が遠くなり、90年代から、憂鬱な市場主義、喜びのない操作的態度が広がりました。
 まるで、人間存在の意味を語り、真実・美・聖を求める流れは細々としたものであるかのようです。
しかし、こういった世界のさらなる上空、サルガドのような思考の群れが力強く羽ばたき、どこかに向かっているのかもしれません。

2010年1月14日

個人主義の発展

Filed under: つぶやき — toshio @ 3:07 PM
駒込の青森

駒込の青森

 私たちは個人主義の時代を生きている。

 多様な商品が店舗に並び、あるいはネット上で紹介される。自分にあった新製品、便利で安いもの、あるいは人がうらやむようなサービス、そのようなものを誰もが求める。物・サービスだけではない。自分だけが楽しむ空間、時間の使い方…。

 世界が、選択と個性化の表現で満たされるようになった。でも、何十年も前からそうだったわけではない。1960年代後半から1970年代前半に個人の行動様式が変わったと、指摘する研究者が多い。

 ■ディスカバー・ジャパン 1970

 先日の連休、東京に行った。写真は、JR駒込駅で撮った青森への旅を誘うポスター。駅に貼ってあるJRのポスターは、見る者を、この駅・土地ではない「ここ以外の場所」へと誘う。今回の私の東京行きの目的は、駒込駅近くで行われる会議への参加。だから、駒込駅で降りて、私自身の目的が達成されたのだ。そのとたん、青森行きの観光に誘われてしまったのである。

 JRのポスターは、個人主義が生む「欲望」の象徴そのもののようだ。「ここ以外」への誘惑は、ここにいることの否定の存在をひそかに隠す。仮に、誘われるまま各地をさまよったとしても「ここ以外の場所」には決してたどり着かない。青森に行けば京都のポスター、京都行けば北海道の、北海道には東京の、東京には大分の…笑顔と料理と風景とともに、ポスターが「ここ以外」へいざなう。

 “ディスカバー・ジャパン”“♪遠くに行きたい”と旅にいざなうキャンペーンが始まったのは、1970年の大阪万博が終わった頃だ。大阪万博はグループで行った人が多かった。町内会、会社の職員旅行、農協のツアー…。

 大阪万博の閉幕は、団体旅行(同調を望む他人指向)時代の収束の始まりになり、しかし万博の熱気をテコに少人数の旅行(選択と個性化の個人主義)の増加につながっていった。JRのポスターは、そこに役割をはたしたのだと思う。

 ■嵐 2009

 昨年末、テレビを見ていた。今年の音楽CDのベスト3が嵐(ジャニーズ)の作品だったが、その事実をふまえて、テレビレポーターが若い人たちに「今年はやった曲は」と問いかけた。カラオケで歌っている若い人でさえ、流行り歌が思い出せない。かつては、年間ベスト3を占める歌い手・グループが生まれれば、歌を知っているかどうか以前に、音楽の領域を超えた大きな社会現象になっていたはずである。

 音楽はそれぞれ個人で楽しみ、CDを購入するものであって、一つの歌が社会や時代を象徴することは不可能になったということのようだ。それに驚いた。

 ラジオ深夜便、五木寛之の「わが人生の歌語り」は、月に一回のペースで4年以上続いている。彼は、昭和30年代頃までを指して、たびたび「歌が町に流れていた時代ですね」と言う。私はこのフレーズが好きだ。映画館の休憩時間、商店街の売り出し…確かに彼のいうとおりだった。昭和40年代終わり頃までは喫茶店に有線放送が聞こえ、客はリクエストをし、飲み屋街を流しが歩いていた。流行歌は人々で共有するものだった。

 今の人にとって流行歌は、時代・社会・風景に結びつかず、個々人の身体と思いに結びつくのだろう。そして、だからこそ、私的世界が歌われているのだろう。

 ■個人主義の裏側

 犯罪学者ジョック・ヤングは、1960年後半から強まった個人主義が北米・西欧社会を大きく変化させた、と述べた(『排除型社会』、1999年、邦訳2007年)。私は、日本では1970年ごろを境に個人主義が強まったが、北米・西欧ではもともと個人主義だと思っていた。そうではないらしい。そういえば、若いアメリカ研究者の鎌田遵も、市場原理でアメリカ人におおらかさがなくなってきたと、新聞のルポに日常体験を書いていた。北米・西欧の個人主義も時代で変化しているということだ。考えてみれば当たり前である。

 ヤングのいう個人主義は、選択の自由、多様さへの欲求、個性化を通して表面化する。60年代までは、アメリカ人も他人指向が強く、画一的な商品を大量に生産していた。しかし、個人主義の強まりによって、脱大量生産の時代が始まる。多品種少量生産である。生産過程で半熟練・非熟練労働者の必要性は減り、完全雇用社会は望むことができなくなった。不安定な雇用状況が生まれる、きわめて高収入の階層と、不安定雇用・失業状況の階層の人々が増えた。

 貧しい人々は剥奪感を感じ、この剥奪感がもう一度個人主義と結びつくと、人々はより富んだ階層に対しては敵意に近い感情を、より貧しい階層に対しては恐れをいだく。そして社会的な絆は失われていく…。ヤングは、個人主義は現代社会の深い部分に組み込まれ、現代社会が生み出している矛盾や課題と深く結びついているという。矛盾を解決するものが個人主義ではなく、むしろ矛盾の構成要素であり、しかし私たちは個人主義以前に戻ることもできない、という。

 ■「絆」の構想

 いろいろな分野で「当事者主権」「当事者主体」という主張が強まっている。それは、個人主義のさらなる徹底という側面がある。いま、個人主義が生み出したものを考え、個人主義をコントロールする「絆」を構想する。それは「当事者主体」が進展する現在、それが内包する課題を見つめるということである。

 おそらく、いま求められているのは、悲しげに“遠くに行きたい”と歌うことではなく、喜びに満ちて「いま、ここにいる」と歌える共有する自由ではないだろうか。(しかしそれでは、流行り歌に、なりにくいかもしれないと思いながら…)

2010年1月9日

79歳の工員

Filed under: つぶやき — toshio @ 12:14 PM
1955年 摺沢村

1955年 摺沢村

 9日になりましたから、あけましておめでとうのタイミングは過ぎたのでしょうか。青森の正月はのどかに過ぎました。

 今年、私は59歳になります。年齢と現実的な感覚がどんどん離れていきます。友人からもらった年賀状に、「若いとき、早く、年金をもらって生活できるようになりたいと思っていたけど、実際に、そのような年齢になるとは…」とありました。とてもわかります。

 私は、岩手県西磐井郡摺沢村で生まれました。写真は、私が4、5歳くらい、摺沢村のメインストリートで撮ったものです。二人の女の子、よく見えませんが後ろに金ボタンの学生服の男の子が写っています。多分近所の子どもたちです。私は右側に立って、父親に買ってもらった、お気に入りの耳あてのついた帽子をかぶっています。一番左の女の子は、着物を着て、ぽっくりみたいなものを履いています。遠い時代ですね。

 私が生まれたとき(昭和26年)父は41歳でした。18年間のブラジルでの生活を終え、母や兄姉とともに日本に帰ってきたばかりでした。それから貯めた小金を元に、摺沢村で何とか商売を始めようとしては失敗していました。羊やウサギを飼ったり、ネクタイ販売をしようとしたり…。田舎では働くところがありません。

 どうにも生活ができなくなり、昭和33年に静岡県清水市(現在は静岡市清水区)に移り住みました。清水には工場がたくさんあり、家族みな工場で働くようになり、そして暮らせるようになったのです。おかげで一番下の私は苦労せずに育つことができました。

 父が59歳のとき、私は18歳。当時、父はダンボール会社で働いていました。夜は当直もして、家に帰ってくるのは週に2,3回だったと思います。一生懸命働いていたと思うのですが、私から見ると“時代遅れの人間”でしかありません。私は、といえば、寺山修二の『愛さないの、愛せないの』という本を読み、漫画「小さな恋のものがたり」にはまり、フォークグループPPM(ピーター・ポール・アンドマリー)のアルバム「See What Tomorrow Brings」を聞いていました。そして、しじゅう牛乳を飲みこぼして、学生服の前を汚していましたが、作業着を着て自転車に乗って工場に行く、父親の背中を見ながら、父のようになりたくないと思っていたのです。59歳の父親は可愛そうですね。

 父は、それから70歳までそのダンボール会社で働き、さらに、79歳まで製材所で働きました。材木をもって一日中工場を歩いていました。今の私から、79歳のそんな未来を考えるとめまいがします。事情は違っても、いまも、父親のようにはなりたくないと思います。そして、私の息子はきっと私のようにはなりたくないと思っているのです。(父は2006年95歳で亡くなりました)

 どうぞ、今年もよろしくお付き合いください。

Powered by WordPress