なんとなくサンネット日記

2012年8月10日

感傷をふくまない心

Filed under: サンネットの仕事とは — toshio @ 7:28 PM

宅配が終わって

 政治哲学者のハンナ・アーレントが、友人たちにどのような資質を求めていたか。それを弟子のヤング・ブルーエルが、素敵な文章で表現しています。(『なぜアーレントが重要なのか』、2006年、矢野久美子訳、みすず書房、2008年、P21-22) 

 

(私が友人に求めたこと)それは、世界――身近な社会と同時に大きな政治的世界との両方――を観察し判断する情熱であり、感情であり、感傷をふくまない「心」であった。また、偽善的な言葉のない知性であり、自由に広がる才気であり、他者の意見に対して役立とうとする態度であった。それから誠実さと、さらには伝統的な家族や共同体や宗教的環境をもたない人びとにとって友情がいかに安らぎをもたらすかということへの理解力であった。

 

 読んでいると、心がふるえ、奥底からせつない気分がわいてきます。でも、とてもいい感じです。

 身近な関係と大きな政治的世界をむすびつける観察力、情熱。きっと、大きな世界から本当の自分を隠さないで、世界に自分を押し出しているということでしょう。情熱はあるけど、感傷は含まない…これは自己憐憫ときちんと対峙するということですね。

 「偽善的な言葉のない知性」。これもいいですね。「他者の意見に対して役立とうとする態度」。これにはまいってしまいます。

 そのあとに続く行は、世界観を表現しているかのようです。「伝統的な家族や共同体や宗教的環境をもたない人びと」とは、少数派の人びとです。既成のコミュニティには落ち着けない、あるいは疎外を感じている人たち。その人びとにとって「友情」がいかに必要かを、理解する能力…。む~。これは連帯、共感などの言葉の新しい定義かもしれません。

 友人になる、同志となるのではなくて(ましてメールアドレスを交換したなどということでもなく)、その人々が友情をいかに必要としているのか、いかに安らぎが人の生存にとってだいじなことかを「理解できる力」…ほんとうにこの力が大切です。

 こんな言葉に出会うとほっとします。そして、明日もがんばろうかな、という気分になります。アーレントとブルーエルにありがとう!

2012年7月9日

仕事・労働・活動№2 舵取り

Filed under: サンネットの仕事とは — toshio @ 5:06 PM

ラジコンカー

  1998年、来日した英国の当事者、ジュリアン・マリンズさんは「イギリスの地域生活における精神障害者の権利擁護」という講演で、次のように話していました。

  ――アドボカシィ(権利擁護)は、ソーシャルワーカーや援助者たちと常に対立し、要求を突き付け、対峙することではありません。アドボカート(権利擁護者)は機関や施設をスパイしたり、何か不満の種をみつけようと見張っているわけでも、小さなミスをみつけては職員を困らせようとしているわけではありません。――

  ――アドボカシィ(権利擁護)は、意見をはっきり言明して、必要な権利とサービスが得られるようにサポートすることで、ユーザー自身が自分たちの人生と生活の舵取りになることです。――

 ――グループアドボカシィ(集団権利擁護)のユーザー(利用者)にとっての利点は、ユーザーが互いにささえあえるということです。自分たちの経験を話しても安全だと思うところでは十分話し合えるし、互いにどんなふうに感じているかをよく知ることができます。――

 権利擁護活動というと、まだまだイメージしにくい活動です。弁護士のように本人に付き添って、当局と交渉したり、むずかし文書を作成して、権利の実現を図る…というイメージ??。

 マリンズさんは、権利の獲得や無理解な当局への攻撃が活動のターゲットではなく、本人が自分の人生の主人公になることが目標ですよと、いいます。生活の舵をしっかり取る…。そういえば、「権利擁護」「要求実現」という場合、長いあいだ人間的成長という観点は置き去りになりがちでした。権利の問題と人間的な成長を結びつける、これが大きな意味をもっていたのです。

 日本では、いまだに精神障害者の地域権利擁護活動がふつうに見られるような状況ではありませんが、相談支援事業所や障害者サービス事業所では、当事者がいろいろなことを要求するのはよくあることになりました。

 日常的に要求する場面があるなら、自己の利益ばかりでなく、人間的な成長という観点を含めて考えることがだいじになっています。上の文章の「権利擁護」を“権利要求の具体的行動の言葉”に置き換えてみましょう。「権利擁護者」は、“利用者、当事者”でいいかもしれません。

 「じっくり相談できることを要求する活動」とか、「就労継続支援事業所でもっと仕事ができるように要求する活動」とか、それぞれの場面で起きた言葉を、文章に挿入すれば、活動する主体を振り返れるではありませんか。マリンズさんの話から14年、現代の日本、いまこそ彼女の話を活用しなければならないと、ぼくは思うのです。

 

(別の話ですが、「仕事」ということについて次の動画はすてきでした。インドの14歳の少年の日常。弟や家族のために働き、学ぶ日常がたんたんんと描かれます。貧しいがゆえに生まれる美しさ、けなげさ、あたたかさ。かつて日本にもあった「何か」…です。)

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/movie/p028d199d4926af2f30fa154a287cff6d (ヤフーHP)

http://vimeo.com/awards/winners/documentary (英語HP)

2012年7月7日

仕事・労働・活動№1 ピカピカの便器

Filed under: サンネットの仕事とは — toshio @ 12:42 PM

七夕

 「山下さん(仮名、50代の男性)が作業所のトイレを掃除した後は、入りにくいんだよな。俺が掃除するときより、ずいぶん時間をかけて、ピカピカにしているからなあ。」

 当事者が運営している作業所。後輩の菅井さん(仮名、30代の男性)が、先輩について語った話です。

 菅井さんは人望ある若手メンバー。野球でいえばキャッチャータイプの人。山下さんの悪口を言っているのではありません。日常を共有しているという親しみ、その奥にある信頼と敬意、彼はそういう思いで言っていると思いました。

 長い歴史ある作業所。創設メンバーの一人の山下さんは、作業所の何回もの移転、自治体との交渉、募金を集めて作業所の建設まで…ずっとかかわってきました。病気と闘い、作業所の維持と発展に力を使い、自分の人生を切り拓いてきました。

 みんなが使う作業所。便所の掃除もみんなで交代で行っていますが、山下さんにとっては、仲間たちとの思い出、歴史が染みついているこの場所は特別。事務所、玄関、倉庫、便所…それらはただの機能、モノではなく、思いと歴史と誇りが集積した固有な場所。だから、便器だってピカピカにしたくなる。そこは菅井さんにしっかり伝わっています。

 菅井さんは、「入りにくいんだよなあ」とぼやきじみた言葉を口にしつつも、山下さんの思いを引き継ごうとしているのです。

 作業に特別な思いをこめるとき、その作業は特別な価値をもちます。そしてその価値が別の人に伝達します。私たちは自分の行為を、作業、仕事、労働、活動のどこに分類し、どのような価値を行為にこめるのでしょうか。

Powered by WordPress